読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英語例文暗記をしていますが、この「暗記」がなかなかできなくて困ってます。

六単塾の祐樹です。こんにちは。
先日、塾生さんから以下の質問をいただきました。

「英語例文暗記をしていますが、この「暗記」がなかなかできなくて困ってます。
理解はできるものの、英語の例文暗記の効率化アップ方法はありますでしょうか?」

英語の例文暗記の効率化アップする方法についての、ご相談ですね。

僕のおすすめは「亀仙流」です。
「よく動き、よく学び、よく遊び、よく食べて、よく休む。」

ポイントは5つです。

1.よく動く
2.よく学ぶ
3.よく遊ぶ
4.よく食べる
5.よく休む

この5つを、1日の中でバランス良くやると、暗記効率がアップします。

それも順番よくやるほうがいい。

まずはじめ。
よく動き、その後に、よく学んでください。
よく動いた後に学ぶほうが、学びの効率は抜群にいいからです。
運動した後のほうが脳の動きも活発になるのは、もう実証されていることです。

よく学んだら、よく遊んでください。
「遊ぶ」という餌をつくることで、よく学ぶことができます。
これは「馬ニンジン効果」ですね。

よく遊んだら、よく食べてください。
頭も体もパワーを消費したので、エネルギーをたっぷりとる。
タンパク質中心に腹八分目まで食べると栄養がいきわたります。
運動しているから、おなかもすいて、栄養をたっぷりとれます。

よく食べたら、よく休みましょう。
運動して頭もつかって食事もとれば、自然に眠くなります。
ぐっすり寝るほうが、浅い眠りより、記憶力の定着は高いとも言われています。

以上、暗記効率を高める「亀仙流」でした。

亀仙流というネーミングに興味ある方は「ドラゴンボール」を検索してください。

僕の英語塾では、暗記力講座を別途作るほど、暗記効率アップを研究しています。
その結果、「亀仙流」がすごいという結論に至り、塾でも取り入れています。
論より証拠。やってみてくださいね。

結論:
亀仙人の教え、「亀仙流」がおすすめです。
よく動き、よく学び、よく遊び、よく食べて、よく休む。

以上ざっとお話ししましたが、この話は六単塾の無料版を読んでもらえるともっとわかると思います。メールアドレスがあれば無料でできるのでやってみてください。ここを押して六単塾を無料ではじめてください。今ならプレゼントもございます。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。