読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】意思が弱くて、いつも英語を挫折しちゃうんです・・・。

六単塾の祐樹です。こんにちは。
先日、塾生さんから以下の質問をいただきました。

「私、意思が弱くて、いつも英語を挫折しちゃうんです・・・。
英語をずっと続けている人をみて、いいなぁすごいなぁと思います。
私でも、英語をつづけられるような方法あればおしえてください!」

意思が弱いせいか英語を挫折してしまう、というご相談ですね。

僕のおすすめは、英語をゲームにしちゃう、ということです。

「英語の勉強」というと、なんか気持ちが萎えますよね。
わかります(笑)。

でも「英語ゲーム」というと、どうでしょう。
ちょっとワクワクしませんか?楽しくなってきませんか?
楽しいことは、人は強制されなくても続けるものです。
楽しい英語なら、続けられますよ。

そこで、みんなで遊べるゲームをしましょう。
わかりやすいのは「百人一首的な英語クイズ」がいいと思います。

具体的には、

・紙をいくつか切って百人一首カードの大きさぐらいのカードをつくる。
・英単語でも英文でもいいので、カードに書いておく。
・表には英語、裏には日本語訳。そういうカードをたくさんつくる。
・みんなに見せて、床に並べる。
・誰か1人が英語か日本語を読む係になってください。
・読まれたカードを先にとった人が勝ち

というゲームです。

このゲームなら子どもにもできます。
お子さんがおられるなら、英語を学ばせるならゲームが一番です。

大人だけでやるのなら「ご褒美」と「罰ゲーム」を用意しましょう。
お金は法的にはマズイんで(笑)、物だったらいいと思います。
みんなが集まる正月やお盆とかには盛り上がりますよ。

みんなでやれば楽しいし、勝ちたいからたくさん覚えようという気になると思います。

僕の英語塾では、通信講座でありながら先生とメールのやりとりができます。
これは、英語というものは、みんなでやったほうが伸びるからなんです。
みんなの力をうまく借りると英語はどんどんやりたくなり、うまくなります。

結論:
英語を「ゲーム」にしちゃうと楽しく続けられます。
みんなで遊べるゲームをしましょう。
ご褒美と罰ゲームがあると盛り上がりますよ。

以上ざっとお話ししましたが、この話は六単塾の無料版を読んでもらえるともっとわかると思います。メールアドレスがあれば無料でできるのでやってみてください。ここを押して六単塾を無料ではじめてください。今ならプレゼントもございます。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。