読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】いざ会話するときにうまく口で言う方法

六単塾の祐樹です。こんにちは。
先日、塾生さんから以下の質問をいただきました。

「いざ外国の人と会話をしようとすると、うまく口で言えないし聞き取れません。
話して覚えるという方法を良く聞きますが、ほとんど表現がわからないから相手も困惑します。
デタラメな英語を言っても当然通じないので、ブラストレーションがたまります。
何か良い方法などがありましたらご回答よろしくお願いします。」

外国人との会話で、うまく口で言えないし聞き取れないご相談ですね。
もどかしい気持ち、よくわかります。

そこであなたにお勧めです。
話したい英語を事前に決めて覚えてください。
そうすることでフラストレーションはたまりません。

話したい英語というのは、話す前に決めておくといいんです。
その場で急につくろうとするから失敗するんですね。
そんなこと、英語の上級者だってできないんですよ。

英語が話せる人というのは、英語フレーズを思いだしているだけなんです。
事前におぼえた英語フレーズを思いだしているだけなの。
英語をつくったりしていないんですよ。そんな難しいことしていない。
ただ思いだすだけ、なんですね。シンプル。

だからまずは、言いたい言葉を事前に決めてみてください。
1個でいいから、外国人に言いたい言葉(日本語)を決める。

次に、言いたい日本語に相当する英語フレーズを教えてもらう。
誰に教えてもらうって、英会話の先生に教えてもらうんです。
つまり英語を自分でつくらない。英語をつくったとたん、デタラメな英語のできあがりです。
何も前に進みません。ですので、必ず英会話の先生に聞いてください。

あとはそのフレーズを外国人に言うだけです。
1個だけでいいから、まずやってみましょう。
慣れてきたら2個3個と増やしていけばいいですからね。

結論:
話したい英語を事前に決めて覚えてください。
そうすることでフラストレーションはたまりません。

以上ざっとお話ししましたが、この話は六単塾の無料版を読んでもらえるともっとわかると思います。メールアドレスがあれば無料でできるのでやってみてください。ここを押して六単塾を無料ではじめてください。今ならプレゼントもございます。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。