読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】アメリカに旅行に行きましたが、コーヒーも頼めなくて愕然としました。

六単塾の祐樹です。こんにちは。
先日、塾生さんから以下の質問をいただきました。

「アメリカに旅行に行きましたが、コーヒーも頼めなくて愕然としました。
簡単な英単語ぐらいの英会話でいいから、普通に通じる発音で話したいです。
いい方法を教えてください。」

簡単な英単語でも、普通に通じる発音で話したいというご相談ですね。
まずはネイティブの発音を聞いて、それをマネる練習をしてください。
発音をうまくするには、やっぱりモノマネから入るのが鉄板です。

ネイティブの発音というのは、もうなんでもいいんです。
海外ドラマが好きなら、ドラマで話している英会話を1つマネて言ってみる。
1回ではマネられないから、何度も言ってみる。
地道なことですけど、好きな海外ドラマなら、楽しくできるでしょう。

でも、似ているのは2割ぐらいでいいです。

さてモノマネの第一人者といえば、コロッケさんですね。
コロッケさんはこういう言葉を残しています。

「2~3割も似ていれば、僕の中ではOKなんです。
あとの7~8割はオリジナルで、自分のふざけ方や崩し方。
そう考えています」

あのモノマネの達人が「似ているのは2割でいい」と言っています。
ですので英語の発音も、2割でもネイティブに似ていたら充分です。
私たちは日本人。ネイティブになる必要はないです。なれないです。
なまりの英語でぜんぜんいいんです。

ちなみに僕は、自分の英語の発音は完璧とは思っていません。
ネイティブからみれば、絶対「なまっている」と思っています。
でもアメリカでもイギリスでも他の国でも、通じないことはない。
それはたぶん、「2割」の壁を越えているからだと思うんです。

2割ぐらい似ていれば英語の発音は充分だと思います。
最適な英会話文と音声のあるテキストがあれば、可能です。

結論:
ネイティブの発音を聞いてマネる練習をしてください。
2割ぐらい似ていれば、OKです。
残りの8割は「それっぽさ」を演出しましょう。

以上ざっとお話ししましたが、この話は六単塾の無料版を読んでもらえるともっとわかると思います。メールアドレスがあれば無料でできるのでやってみてください。ここを押して六単塾を無料ではじめてください。今ならプレゼントもございます。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。