読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】TOEIC試験を来月に控えています。しかし500点を超えられなくて困っています。

六単塾の祐樹です。こんにちは。
先日、塾生さんから以下の質問をいただきました。

「TOEIC試験を来月に控えています。
しかしなかなか500点を超えられなくて困っています。
今回もダメな気もしますが、いまできることがあれば教えてください。」

1ヶ月先にTOEICテストを控えている。
500点をとりたいが、いまできることはあるか?というご相談ですね。

直前になりますので、できることは限られますね。
僕のアドバイスは、解き方を工夫して、模擬試験を解くことをおすすめします。

解き方を工夫するには、次のようにすれば簡単にできます。

1.問題が解く前に、解けそうかどうか「3秒」で判断する。
いきなり問題を解かないでください。

2.解けそうになければ、あきらめて次の問題に行く。
リスニング問題の場合は次の問題に移動できないので、今の問題は考えない。
次の問題の音声を待つ。

3.最後の問題に到達したら、空いているマークシートを埋める。
AかDか決めて、先に塗りつぶす。チェックも入れておくと良い。

4.チェックのある問題を再度解いてみる。

以上のやり方をすれば、効率的に問題を解いていけるでしょう。
あとは模擬試験で実践あるのみです。

僕の英語塾でも、今回の方法を応用してTOEIC問題を解いています。
スピードアップできるので得点を稼げるからです。

結論:
解き方を工夫して、模擬試験を解いてみてください。
スピードアップして得点を増やせる確率が高まります。

以上ざっとお話ししましたが、この話は六単塾の無料版を読んでもらえるともっとわかると思います。メールアドレスがあれば無料でできるのでやってみてください。ここを押して六単塾を無料ではじめてください。今ならプレゼントもございます。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。