読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】日本人で英語がペラペラの人は、英語をそのまま理解しているんでしょうか?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
先日、塾生さんから以下の質問をいただきました。

「日本人で英語がペラペラの人は、英語をそのまま理解しているんでしょうか?
それとも頭の中で瞬時に英語を日本語に変えてから考えるのでしょうか?」

日本人で英語ペラペラな人は、英語をどう理解しているのか?
そのまま理解しているのか、日本語に瞬時に変換しているのか?
というご相談ですね。

英語がペラペラの人は、英語をそのまま理解していると言えます。

日本語を英語に瞬時に変えていたら、ペラペラ話せないからです。

ペラペラ話すためには、英語変換など、している暇はないですからね。
どんどん英会話って進んでいきますから、変換してたらついていけないんですよ。

日本人の中には、英語を聞いたら日本語にすぐ変換できる人はいると思います。
あるいは、日本語を聞いたらすぐ英語に変換できる人もいると思います。
それはそれで別にいいんですけど、「ペラペラ」話すことは無理でしょうね。
変換していたら、話についていけないんで。

つまり、英会話って、「頭」をつかうものではないんですね。
「体」をつかうものなんです。
体で覚えているから、反射的にペラペラペラペラと英語が出るわけです。

むずかしいことはないんですよ。
ネイティブの使う英会話フレーズを体得すればいい。
大切なことは、これだけです。

ちなみに英会話フレーズを体得するには、以下をすれば簡単です。

1.頭をつかってフレーズを暗記します。
2.口をつかって何度も暗唱するトレーニングをする。
3.実際にフレーズをつかってみて、体でおぼえる。

僕の英語塾は上の3つのステップを通るように英語を学びます。
日本でこう学ばせるところはないでしょうね。
世界のスタンダードな学び方なんですけど、だから効果もある。

結論:
英語がペラペラの人は、英語をそのまま理解していると言えます。
日本語を英語に変えていたら、ペラペラ話せないからです。

以上ざっとお話ししましたが、この話は六単塾の無料版を読んでもらえるともっとわかると思います。メールアドレスがあれば無料でできるのでやってみてください。ここを押して六単塾を無料ではじめてください。今ならプレゼントもございます。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。