六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英語をやらねばならない!と会社に言われてやっているのですが・・・



52万人が体験!「たった6単語の英会話習得法」今なら無料で試せます

あなたは「たった6単語で英語は話せる」ことをご存じですか?6つの単語からなる超シンプルな英会話フレーズを体得して、英語をあきれるほど楽しくラクに話す方法があるんです。メールアドレスを登録すれば無料で体験できます。今なら先着300名に特別レポート「1日10分であきれるほど英単語を覚える方法」も無料プレゼント。今すぐメールアドレスを入力して申込ボタンを押してください。無料です!


メールアドレス入力


六単塾の祐樹です。こんにちは。
先日、塾生さんから以下の質問をいただきました。

「英語をやらねばならない!と会社に言われてやっています。
でも転職組ということもあり、職場の人間関係も微妙だったりで…。
正直、英語どころじゃなかったりします。
相談することではないかもしれませんが、この場合、英語はやめたほうがいいでしょうか。」

職場で英語が求められているが、人間関係があやふやで英語どころじゃない。
どうすればいいかわからない、というご相談ですね。

まずは職場の人間関係を良好にすることをお勧めします。
人間関係を改善してから、英語で結果を出しましょう。

職場の人間関係をよくすることを優先するのは、だいじなことです。

仮に英語や仕事内容でうまくいっても、人間関係が悪ければ、職場で評価してもらえないからです。
評価してもらうどころか、嫉妬されたり、足を引っ張られたりします。
悲しいですが、これが現実なのよね。

だから、まず職場の人間関係を少しでも改善するのが先と思います。

ちなみに職場の人間関係を良好にる基本は、下記の3つです。

1.あいさつする
2.笑顔をつくる
3.職場の人を名前で呼ぶ

そして人間関係を良好にする応用は、下記の2つです。

1.職場の人が興味あることに興味を示す
2.職場の人が喜ぶことを密かに貢献する


ちなみに僕の英語塾では、ビジネス英語に定評のある塾です。
塾生さんもビジネスパーソンさんが非常に多い。
良好な人間関係ができてから、英語がんばっても遅くないですよ。

結論:
まずは職場の人間関係を良好にすることをお勧めします。
人間関係を改善してから、英語で結果を出しましょう。

以上ざっとお話ししましたが、この話は六単塾の無料版を読んでもらえるともっとわかると思います。メールアドレスがあれば無料でできるのでやってみてください。ここを押して六単塾を無料ではじめてください。今ならプレゼントもございます。