六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英語の勉強を中一から再チャレンジするには…

六単塾の祐樹です。こんにちは。
先日、塾生さんから以下の質問をいただきました。

「27歳・サラリーマンです。
英語の勉強を中一から再チャレンジしたいと思います。
中一の教科書などからやるのと英検5級などからやるのはどちらがいいと思いますか? 」

1から英語を勉強するのに、中一の教科書か、英検5級の勉強か、どちらか?
というご質問ですね。

どちらがよいか?でしたら、中一の教科書からがいいかな、と思います。
1から勉強したいというのでしたら。

でも、実のところ、教科書を勉強するのは結構つまらないです。
つまらないので、挫折する可能性もあるのでご注意ください。

社会人が英語を学ぶのでしたら、英会話するほうを僕はお勧めしますね。
英会話を学ぶほうが教科書を学ぶよりも簡単だからです。

僕の英語塾では、基本的に「英会話推し」です。
英会話を先に学んで、英語を聞けるようになり、喋れるようになってもらう。
そうなってから、英語を読んだり、文法学んでもらったりというのを推奨しています。
そのほうが楽しいし、実力つくのも早いからです。

結論:
どちらがよいか?でしたら、中一の教科書からがいいかな、と思います。
ただ、教科書を勉強してもつまらないというのも覚えておいてください。
大人が英語を勉強するなら、英会話をするほうが楽しいです。

以上ざっとお話ししましたが、この話は六単塾の無料版を読んでもらえるともっとわかると思います。メールアドレスがあれば無料でできるのでやってみてください。ここを押して六単塾を無料ではじめてください。今ならプレゼントもございます。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ