読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】初の海外ですが、なにか用意しておいたほうがいいものはありますか?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
先日、塾生さんから以下の質問をいただきました。

「イタリアにツアーで行きます。初の海外ですが、添乗員付きで不安は感じてはいません。
なにか用意しておいたほうがいいものはありますか?」

添乗員付きでイタリア旅行するが、何か用意したほうがあるか?
というご相談ですね。

僕は、家電の「電子辞書」を携帯することをお勧めします。

海外では、場合によっては書類を読まされたりして、英単語を調べたくなる状況があります。
そういうとき電子辞書があると、わからん書類を英単語単位で理解できるので安心です。
お守りと同じです。持っておいて損はない。

ちなみに電子辞書は、必ず現物をみて触ってください。
パッドの感触が悪いと使いにくいですので。

たとえば、きつく押さないと反応しない電子辞書はあります。
パッドが軽すぎて入力ミスが多発する電子辞書もあります。

それから、スマホに慣れている方ならスマホののアプリでもいいですね。
ただしスマホのアプリをつかうなら、オフラインでつかえるアプリをつかってください。
海外ではネット接続できないところもありますから。

僕の英語塾のテキストもスマホで携帯できるので、海外に行くときに役立つ英語ツールです。
塾生の方はぜひ携帯にテキスト飛ばしてもらえるとよいかなと思います。

結論:
海外には、家電の電子辞書を携帯してください。
海外には、スマホのオフラインアプリを携帯してください。

以上ざっとお話ししましたが、この話は六単塾の無料版を読んでもらえるともっとわかると思います。メールアドレスがあれば無料でできるのでやってみてください。ここを押して六単塾を無料ではじめてください。今ならプレゼントもございます。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。