六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英語を聞き流すことの罪悪

六単塾の祐樹です。こんにちは。
先日、塾生さんから以下の質問をいただきました。

「英語を聞き流すのはリスニング力UPに繋がるんでしょうか?
例えば英語ニュースなどを聞き流したりとかどうでしょうか。」

英語を聞き流しするのはリスニングUPにつながるか?というご相談ですね。
聞き流ししたい気持ちはよくわかります。

そこであなたにお勧めです。
聞き流さずに会話を1個1個おぼえてください。
そうすればリスニングUPになります。

英語を聞き流ししても、文字通り「流れます」。
あなたの頭には一切残りませんので流さないでください。
大事なことはあなたの頭に残すのが大事ですので。

リスニングUPするには、英語フレーズをたくさん覚えておくこと。
これだけです。知ってる英語フレーズが多いほど、リスニングUPします。
なんでも聞きとれるようになります。数の勝負なんです。
聞き流しても数は増えないので、リスニングはUPしません。

僕のリスニングUP方法はホームページにも書いてます。

結論:
聞き流さずに会話を1個1個おぼえてください。
そうすればリスニングUPになります。

以上ざっとお話ししましたが、この話は六単塾の無料版を読んでもらえるともっとわかると思います。メールアドレスがあれば無料でできるのでやってみてください。ここを押して六単塾を無料ではじめてください。今ならプレゼントもございます。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ