六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】昔から英語が続かない人間で。いざその時にはできないんです。

六単塾の祐樹です。こんにちは。
先日、塾生さんから以下の質問をいただきました。

「私、昔から英語が続かない人間なんです。
やる気はあるんですけど、いざその時にはできないんです。」

英語をやりたい気持ちはあるが、いざやる気がでない、
というご相談ですね。

僕のお勧め。
英語をする目標を極端に下げましょう。

英語をイザやろうとしてもできないのは「目標が高すぎるから」です。
だから目標を極端に下げるとうまくいきます。

たとえば「今日は英語を1時間勉強する」という目標。

この目標は、人によっては、高すぎる目標です。
こんな高い目標があったら、とてもやる気が失せてしまう人もいます。

でも、目標を極端に下げれば、やる気がでます。
たとえば「今日は英語のテキストを1ページめくる」目標にするのです(笑)。

1ページめくるだけ。それで今日の英語の勉強は終了する。
これなら、イザはじめるときも、すぐにできるのではないでしょうか。

え?
これでも、続けられない?

さらに目標を極端に下げましょう。

今日の目標:
「机の前に座る」

これならどうです?この目標なら今日でも明日でもできそうです。

以上のように、続けられないときは、目標を下げてください。

英語の勉強内容なんか、この時点では、どうでもいいです。
それより「何日も続けられている」ことのほうが大事です。

「机の前に座る」を何日も続けられるようになったらハードルを少しあげればいい。
「机の前のテキストを1ページめくる」といった目標にする。少しずつハードルをあげるのがコツです。

ちなみに僕の英語塾では、継続率94%以上を誇っています。
続けやすいような工夫をしているのがその理由です。
どうしても英語を続けられない人は1度試してみてください。

結論:
英語をする目標を極端に下げましょう。
たとえば「英語のテキストを1ページめくる」などです。

以上ざっとお話ししましたが、この話は六単塾の無料版を読んでもらえるともっとわかると思います。メールアドレスがあれば無料でできるのでやってみてください。ここを押して六単塾を無料ではじめてください。今ならプレゼントもございます。