六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】一週間位前から3行ほどの英語日記を始めたのですが・・・。



52万人が体験!「たった6単語の英会話習得法」今なら無料で試せます

あなたは「たった6単語で英語は話せる」ことをご存じですか?6つの単語からなる超シンプルな英会話フレーズを体得して、英語をあきれるほど楽しくラクに話す方法があるんです。メールアドレスを登録すれば無料で体験できます。今なら先着300名に特別レポート「1日10分であきれるほど英単語を覚える方法」も無料プレゼント。今すぐメールアドレスを入力して申込ボタンを押してください。無料です!


メールアドレス入力


六単塾の祐樹です。こんにちは。
先日、塾生さんから以下の質問をいただきました。

「一週間位前から3行ほどの英語日記を始めたのですが・・・。
もともと英語力が弱いのを何とかしようと始めたので、うまくいきません。
本当に作文能力がついていくのか不安です。
英語日記を書く上で翻訳サイトの利用は邪道でしょうか?」

英語日記を書くのに、翻訳サイトの利用はどうか?というご相談ですね。

僕のお勧めは、翻訳サイトをつかわないこと、です。

英語日記を書く以前に、翻訳サイトは翻訳用につかわないでください。
翻訳精度があまりにもひどいので、間違った英文を日記に書いても意味がありません。

英語日記を書くなら、英語参考書をつかうのが一番確実です。

英語参考書からフレーズを切り貼りして英語日記をつくりましょう。
英語にしたい言葉は、英語参考書からみつけるのです。
なぜならそうすることで正解に近い英文が書けるからです。

ちなみにネットで検索した英文は、あまり信用できません。
信用できないけど、翻訳サイトをつかうよりかははるかにましです。
英語参考書でみつからない場合は、ネットの英文をつかって日記書くのもありです。

ただし、英語日記は英語のプロに添削してもらうのが本当に大事です。

英語のプロにちゃんと添削してもらって、英語日記は完成します。
そうでないとただの自己満足で終わってしまいますから。

僕の英語塾では、英語の先生に頼めば英文チェックをします。
英語日記書く人は、英語のプロがいないならうちに頼るのもありです。

結論:
英語日記を書く以前に、翻訳サイトは翻訳につかわないでください。
英会話テキストからフレーズを切り貼りして英語日記をつくりましょう。
英語日記は英語のプロに添削してもらうのも大事です。

以上ざっとお話ししましたが、この話は六単塾の無料版を読んでもらえるともっとわかると思います。メールアドレスがあれば無料でできるのでやってみてください。ここを押して六単塾を無料ではじめてください。今ならプレゼントもございます。