読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】一週間位前から3行ほどの英語日記を始めたのですが・・・。

六単塾の祐樹です。こんにちは。
先日、塾生さんから以下の質問をいただきました。

「一週間位前から3行ほどの英語日記を始めたのですが・・・。
もともと英語力が弱いのを何とかしようと始めたので、うまくいきません。
本当に作文能力がついていくのか不安です。
英語日記を書く上で翻訳サイトの利用は邪道でしょうか?」

英語日記を書くのに、翻訳サイトの利用はどうか?というご相談ですね。

僕のお勧めは、翻訳サイトをつかわないこと、です。

英語日記を書く以前に、翻訳サイトは翻訳用につかわないでください。
翻訳精度があまりにもひどいので、間違った英文を日記に書いても意味がありません。

英語日記を書くなら、英語参考書をつかうのが一番確実です。

英語参考書からフレーズを切り貼りして英語日記をつくりましょう。
英語にしたい言葉は、英語参考書からみつけるのです。
なぜならそうすることで正解に近い英文が書けるからです。

ちなみにネットで検索した英文は、あまり信用できません。
信用できないけど、翻訳サイトをつかうよりかははるかにましです。
英語参考書でみつからない場合は、ネットの英文をつかって日記書くのもありです。

ただし、英語日記は英語のプロに添削してもらうのが本当に大事です。

英語のプロにちゃんと添削してもらって、英語日記は完成します。
そうでないとただの自己満足で終わってしまいますから。

僕の英語塾では、英語の先生に頼めば英文チェックをします。
英語日記書く人は、英語のプロがいないならうちに頼るのもありです。

結論:
英語日記を書く以前に、翻訳サイトは翻訳につかわないでください。
英会話テキストからフレーズを切り貼りして英語日記をつくりましょう。
英語日記は英語のプロに添削してもらうのも大事です。

以上ざっとお話ししましたが、この話は六単塾の無料版を読んでもらえるともっとわかると思います。メールアドレスがあれば無料でできるのでやってみてください。ここを押して六単塾を無料ではじめてください。今ならプレゼントもございます。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。