六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英会話学校の授業で通じないときの解決法

六単塾の祐樹です。こんにちは。
先日、次のご相談をいただきました。


「英会話学校に通いはじめましたが、授業で、英語がほとんど通じなくて悩んでいます。
怪訝な顔で「?」という表情をされてしまい、言った自分が恥ずかしいです。
それなりに英語は勉強しているつもりなのですが、英会話学校にまだ時期早々なのでしょうか。
なにかアドバイスなどいただければ幸いです」


英会話学校の授業で英語が通じないというご相談ですね。
相手に「?」と怪訝な顔をされる気持ちはよくわかります。

そこであなたにお勧めです。
「声のボリュームをやや大きくしてください。」

英語を話すときに、大き目の声で話しかけてほしいんです。
なぜならあなたの声が小さくて、相手に聞こえていないだけの可能性があるからです。

つまりあなたの英語自体は正しいかもしれない。
だけど、声が小さくて単純に相手の耳に届いていない。
そういう可能性があるんです。

海外の人って、でかい声で話しているんですよ。
たとえば、電車の中に外国人がいるとき、ありますよね。
彼ら、すっごくでかい声で話していませんか?
正直、迷惑と思えるぐらい、大きな声で話していますよね。
それが彼らの普通なんです。

外国人は大きな声で話すのが普通だから、大きな声でないと聞こえないんです。
だからあなたも、英語を話すときは、ボリュームをあげてほしい。

外国人に比べると日本人の声のボリュームは小さいです。
しかも英語を話すとなると緊張するから、よけいに小さな声になる。
だから「ややうるさいぐらいに」ボリュームをあげてください。
そうすれば通じる可能性、意外とあるんですよ。
でっかい声で話をして、おおきな声で返答しましょう。


英語を話すって、このように「勢い」って大事です。
理屈とかで測れないものがある。「勢い」でなんとかなります。
僕もそうやって勢いで英語が話せるところまできました。


結論:
あなたの声のボリュームをやや大きくしてみてください。
でっかい声で返答しましょう。

ざっとお話ししましたが、この話は六単塾の無料版を読んでもらえるともっとわかると思います。メールアドレス1つあれば無料でできるのでやってみてください。

ここを押すと無料版をお試しできます。