六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英語を話しかけても、相手に意味が通じないときの対処法

六単塾の祐樹です。こんにちは。
先日、次のご相談をいただきました。


「海外にいるので、ネイティブと話す機会はよくあります。
しかし頑張って英語を話しかけても、相手に意味が通じず怪訝な顔をされます。
一体、どうすればよいのでしょうか」


頑張って英語を話しかけても、相手に意味が通じないというご相談ですね。

話しかけても意味が通じなくて、怪訝な顔をされてしまう。
よくわかります。

そこであなたにお勧め。
話し相手がよく使う「短い言葉」を記録してください。
それを覚えて使えば、相手に意味が通じます。

いまの状態では、自分からあれこれ話そうとしても通じないでしょう。
でも、いつだって「ネイティブの話す英語が正しい」のです。
そこでまずは聞き役に徹することです。相手の言葉を聞いてほしいんですね。
そこで、とりあえず自分から話すのをやめて聞くことに徹することにしましょう。

そして相手がどのような英語を話すのか、記録してください。

注意深く聞いて、相手がよくつかう言葉を記録するのです。
できれば短い言葉がいいですね。

たとえば、話し相手は「Basically, 」という言葉をよく言うかもしれません。
「基本的に、」という意味ですね。

たとえば、話し相手は「You know what?」という言葉をよく言うかもしれません。
「ねぇ知ってる?」という意味ですね。

こういった「短くて」よくつかう言葉を、注意深く聞いてメモに記録して。
そして次回の会話で、それを覚えて使えば、相手に意味が通じます。
まずはここから始めてくださいね。後は会話が転がっていきます。


もちろん、そのためには相手の言葉を聞き取ることが必要です。
でもネイティブの言葉を聞き取ることはそんなにむずかしくないんですね。


結論:
話し相手がよく使う「短い言葉」を記録してください。
それを覚えて使えば、相手に意味が通じます。

ざっとお話ししましたが、この話は六単塾の無料版を読んでもらえるともっとわかると思います。メールアドレス1つあれば無料でできるのでやってみてください。

ここを押すと無料版をお試しできます。