六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】日常会話を長くペラペラと話し続ける方法

六単塾の祐樹です。こんにちは。
先日、次のご相談をいただきました。


「日常会話程度なら英会話はできますが、長くペラペラと話し続けることができません。
ネイティブスピーカーのように話し続けるレベルまでにはほぼ遠く・・・。
なにか話をつづけられるコツなどありますか」


ペラペラと会話を続けるにはどうすればよいか、というご相談ですね。
気持ちはわかります。

そこであなたにお勧め。
平常文だけで会話を続けてください。
そうすれば会話が比較的つづきやすくなります。

つまり疑問文を使わないでください、ということです。
なぜなら疑問文を使った時点で、会話がいったん途切れてしまうからです。

たとえばあなたが海外のカフェに行くとしましょう。
そこで「砂糖入りのコーヒー」を注文するとする。

そのとき、「コーヒーに砂糖を入れてくれますか?」と言ってしまうと、会話が途切れます。
なぜならこれは疑問文なので、会話の主導権が相手にうつるからです。
つまりこの時点で会話が途切れてしまいます。

そこで会話を続けるためにはどうすればいいか。
代わりにあなたは「コーヒーに砂糖を入れてほしい」と平常文で言えばいいのです。
そうすれば、会話の主導権はまだあなたのままです。
会話をand などでつなげて続けることができます。

英語でいうと Could you .. ? ではなく、I want you to .. と言う感じですね。
このように平常文なら、永遠に話を続けることができます。

会話するときは、平常文を意識的につかうようにしてください。
そうすれば会話を続けることができます。

しかも平常文であれば、あなたの会話が相手に伝わっていないときにも助けになります。
どんどん話を加えて「補足を追加」すればいいからですね。
そうすることで意思の疎通ができやすくなるんです。

疑問文を平常文でどう言い換えればわからない?
そういうときは、素直に英語のプロに聞いて教えてもらいましょう。

僕の英語塾では、英語のプロに何度でも聞くことができます。
そういう人を確保しておくのは英会話では大事なことです。


結論:
平常文だけで会話を続けてください。
そうすれば会話が比較的つづきやすくなります。

ざっとお話ししましたが、この話は六単塾の無料版を読んでもらえるともっとわかると思います。メールアドレス1つあれば無料でできるのでやってみてください。

ここを押すと無料版をお試しできます。