六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英文は読めても英会話がダメなときの対処法

六単塾の祐樹です。こんにちは。
先日、次のご相談をいただきました。


「英文は読む自信があるのですが、英会話になるととたんにダメです。
英語の成績も学生時代そうわるくはなかったのですが・・・
イザ話そうとすると、口から出るまでに時間がかかります。
よいアドバイスありましたら教えてください」


英文はそこそこ読めるのに、英会話になるとダメというご相談ですね。
すごく気持ちわかります。僕も昔は英会話全然ダメでしたから。

そこであなたへのお勧め。
英語で話したいことは、事前に覚えておいてください。

つまり、その場で英語をつくらないでほしいんですね。
なぜなら、日本語を英語に翻訳することは、すごい難しいんです。
頭の中でかなりたくさんのことをしなければいけません。
これはすごく難しい。だから口から英語が出るまでに時間がかかるんです。

そんなことしなくても、もっと簡単な方法があります。
英語で話したいフレーズを、事前に覚えておけばいい。
そうすれば、イザというときすぐに口から出ます。
思いだせばいいだけだからです。

その場で翻訳するのではなくて、事前に暗記するのです。
この発想の転換をしないと、口からすぐに英語は出ないんですよ。
いやほんとそうなんで、よろしくお願いします。
話したい英語フレーズは、事前に覚えておいてください。

僕の知ってる日本人で、英語ペラペラな人はいますけどね。
日本人というか、まぁ海外に住んでる日本人ですけど。
翻訳なんて一切していませんからね、彼ら。
日本の英文法なんて全く知りませんからね、彼ら。

彼らが瞬発的に口から英語が飛びだすのは、「覚えているから」です。
「事前におぼえた言葉を、思い出しているから」です。
だから瞬発的に出ます。翻訳して英語をつくってるわけじゃないの。
ここをちゃんと理解してもらえればと思います。


僕も事前に英会話フレーズを山ほど覚えています。
【6単】なら5000個。合計すれば数万個は覚えていますかね。
だから思ったことをパッと英語で言えるんですよ。

どうやったらそんなに英会話フレーズを覚えられるのか?
それについてはホームページで詳しく解説しています。


結論:
話したい言葉は事前に覚えてください。
そうすれば口から英語が出ます。

ざっとお話ししましたが、この話は六単塾の無料版を読んでもらえるともっとわかると思います。メールアドレス1つあれば無料でできるのでやってみてください。

ここを押すと無料版をお試しできます。