六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】TOEICテストはアナログ時計を使ってスピードを意識しろ

六単塾の祐樹です。こんにちは。

TOEICテストの模擬試験をあなたはやったことがありますか?
模擬試験はスコアアップのためには重要です。
これはそんな人のためのコラムです。

TOEICの学習は「わからないところは、わかるまで調べつくす」のが基本です。
わからないところを放置すると、他の点数に響いてきますから。

でも、TOEICの模擬試験をする場合は、英単語をいちいち調べながら問題を解いていく必要はないです。
なぜなら答えと解説が充実していますから。
大抵の英単語は答えのページに載っているはずです。


それよりもTOEICの模擬試験でだいじなことは、「スピード感覚」を身につけること。

TOEICは時間との戦いです。たいていは時間切れになる。
だから、1問あたりに時間をかけると、全体的な点数も下がってしまうんです。

わからない問題をうんうん考えるのでなく、ある時点ですぱっと「損切り」する。こういう損切りの感覚がある人でないと、TOEICって高得点とれないです。

そこでTOEIC模擬試験を解くときには、「スピード」を意識して解いてください。そして後でじっくり解説を読みながら、わからないところをつぶすのが正解です。


具体的には、アナログ時計を近くにおいて、1問あたり何秒ぐらい時間をかけているかを見ながら問題を解く。

そして問題がわからないなら捨てて次の問題に移る。
こういうトレーニングを、模擬試験でトライするのがTOEICのコツです。


つまり、TOEICの模擬試験をするときは、「スピード感覚で問題をさばく」段階
「問題をすべて理解する」段階

の2段階式で攻める戦略が有効ですよ。

ちなみに六単塾では、TOEICの短文穴埋め問題に強い英語講座を用意してあります。高速スピードでTOEICの点数をあげたい方はトライしてください。

ざっとお話ししましたが、この話は六単塾の無料版を読んでもらえるともっとわかると思います。メールアドレス1つあれば無料でできるのでやってみてください。ここを押すと無料版をお試しできます。