六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】物忘れが激しいときは「書く」ことを戦略的にやれ

六単塾の祐樹です。こんにちは。

「最近物忘れがひどくなった、英語おぼえられない」というご相談は多いです。
これはそんな人のためのコラムです。


大抵、50歳を超えた方から、物忘れがひどくなったとよく言われます。

でも僕みたいな「生まれたときから忘れっぽい人間」からするならば、「今まで、もの覚えがよかったんだからいいじゃん」「むしろ羨ましい」と思うんですよね(笑)。

僕は昔から記憶力が弱かった。
小学生の頃から弱かった。
物忘れが多い、忘れ物の多さで学年トップを取ったこともあった。

毎日学校にいくたびに、いろいろ学校に忘れていました。
ひどいときはしまいには衣服まで学校に忘れることがありましてね。

学校に行くたびに、どんどん裸になっていくという(笑)
わけわかんない状態でした。母にはドヤされました。

そんな僕ですから、昔から「ものをおぼえること」は鼻っから自分に期待してなかったんです。
むしろ「いかに工夫して覚えないようにできるか」ということばかり考えていました。

ですので、そんな忘れっぽい僕が、忘れっぽい方にお勧めしたいこと。
それは、「忘れっぽいなら、覚えなければいいじゃない?」ということです。


たとえば「英単語を忘れやすくなった」のなら、「紙」に残せばいい。簡単でしょ。
無理におぼえなくていいんです。はじめから頭を使わない。
紙に残せば100%思いだせますから。

「なんだ、紙に書くだけか」と思われるかもしれませんが、これが意外とそんな単純ではありませんよ。

「いつ紙に書くか」
「紙のどこに書くか」
「どうやって書くか」
「何をつかって書くか」
「どんな紙に書くか」

と考えていくと、意外と奥が深い世界です。

劣化すること、老いることに負けないでください。
そういう意味ならば、僕なんかはじめから負けているんですからね。

今から新しく進化すると思って、頭をつかって工夫しておぼえないで忘れない方法をみつけよう。

ざっとお話ししましたが、この話は六単塾の無料版を読んでもらえるともっとわかると思います。メールアドレス1つあればできるのでやってみてください。体験者全員にプレゼントもございます。

※六単塾の無料版はこちらを押してください。