読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英会話は、頭をつかわずに「体で」覚えろ

六単塾の祐樹です。こんにちは。

英語を聞き取るために、文法の勉強をやっている人は少なくないようです。
これはそんな人のためのコラムです。


残念ながら、英語を聞き取ろうとして、文法の勉強をやっても意味はありません。
文法の勉強をいくらやっても、英語を聞き取ることはできないのです。
なぜなら英語のリスニングにのみ特化した場合、文法はあなたの足を引っ張るだけだからです。

具体的にいうと、英語を聞きながら文法で解析しようとしても頭がついていかない。話の速度に、文法の力では頭がついていけないんですね。

英会話でもTOEIC試験でも、1つの英会話を理解するまで猶予時間はせいぜい2秒です。英会話の理解に2秒を超えるとダメ。置いてけぼりを食います。で、この2秒間に英語を文法で解析するという方法がダメなのです。困難な話で、大抵は間に合わないのです。

 

そこで2秒という超短時間で英会話を理解するには、頭をつかわないこと。これがだいじです。

 

文法のように「頭をつかう作業」は、英会話を理解するリスニングではやらない。頭をつかわずに「体で」英語が理解できたらいいんです。そうしたらリスニングはできる。

そこで僕が提案しているのが「暗唱しながら英語フレーズを1つ1つ覚えなさい」という方法です。暗唱するなら「体で」おぼえることができますからね。

そして体で覚えれば、英会話がいざ聞こえたときにでも頭をつかわずにすぐ反応できる。すぐ理解できるのです。あなたも暗唱して英語フレーズをおぼえましょう。

ざっとお話ししましたが、この話は六単塾の無料体験版を読んでもらえるともっとわかると思います。メールアドレス1つあれば試せるのでやってみてくださいね。

※六単塾の無料体験版について詳しくはこちらを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。