六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英語習得で焦ったら、天下一品のラーメンを思い出せ

六単塾の祐樹です。こんにちは。

「英語って早く身につけたい」「さっさと習得したい」という人は多いですね。
これはそんな人のためのコラムです。


英語早く身に着けたい、当然です。
気持ちはよっくわかります。

でも逆に、英語にできるだけ時間をかけたい、一生学びたいという人は、まぁそんなにいないよね。

英語ってのは、どうしても時間がかかるものなのです。
工夫しても、どんな英語教材をつかっても、どんなオンライン英会話をつかってても、英語には時間がかかるのです。
この辺の感覚がね、わからない人が多い。

そこで僕がよく例えにして言うのが「英語って豚骨スープなんだよ」という表現なんです。

英語って、たっぷり時間をかけてつくる豚骨スープと同じなんです。
あっさり豚骨スープじゃないよ。天下一品(*)のような、ドロドロのこってり濃厚スープ。
これこそ、英語なんです。

*天下一品...京都に生まれた有名なラーメンチェーン。
スープはこってりとあっさりがあるが、何も言わないとこってりスープで出る。
好き嫌いは分かれるが僕は好き。

天下一品の濃厚スープは、お店ではすぐ出るけど、それはスープを温めるだけだからで、ほんとは本社工場でものすごく時間かけているんだよね。
人がなんと言おうが、誰がなんと言おうが、他人の視線も気にせず、人が寝ている間にも黙ってね、ひたすらコトコト煮込んでいる。
だからこそ、この濃厚こってりスープってできるんだよな。

英語も同じなんですよ。
他人の視線や意見を気にせず、人が遊んでる間もコツコツと英語を学ぶから、こってりとした英語力ができるんです。

ラーメンの濃厚スープは、煮込めば煮込むほど美味しくなりますよね。
味に刺激がでて、味わいも深くなり、一口のめば口の中に世界が広がる。

英語も、こってりラーメンと同じ。時間をかけるほど上手くなるのです。
学びに刺激が出て、人間味も深くなり、行動できる世界が広がる。

「英語は早く習得しよう」という意気込みはいいと思うんです。
けれど、どうせ時間がかかるのだったら、濃厚スープをじっくりつくるように、英語もじっくりやっていこう。

英語をじっくりやっても苦しくない、むしろ楽しくてラクにできるような工夫をしていこうよ。
そう思うわけなんです。

ざっとお話ししましたが、この話は六単塾の無料体験版を読んでもらえるともっとわかると思います。メールアドレス1つあれば試せるのでやってみてくださいね。

※六単塾の無料体験版について詳しくはこちらを押してください。