六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】音声教材では、聞き流しせずに「聞き返し」をしろ

六単塾の祐樹です。こんにちは。

英語を聞き取ることが苦手な日本人は少なくありませんよね。
これはそんな人のためのコラムです。


英語をききとる「リスニング」は、簡単なのです。
ですがいくつか課題があります。
この課題を克服しないとリスニングはむずかしいでしょうね。

そのリスニングの課題の1つは、「英語を聞き返すことがむずかしいこと」です。

つまり「今、なんて言ったの?」と何度も言えない。これが課題なのです。

想像してほしいんですけど、英会話している相手に「お前いま何言ったの?」と聞き返すのは、なんだか大変じゃないですか?
心苦しいし、なんか悪いことしてるように思えますよね。

1度ぐらいなら「パードン?」と聞き返してもいいです。
でも3度も4度も聞き返すことはさすがに無理がある。
相手に悪いって思いますしね。

TOEICのリスニング試験なんか、「今、なんて言ったの?」なんて1度も聞き返すことはできませんからね。
1度しか話してもらえない試験ですから。腹立つけど。

そういうわけで、英語を聞き返すことはむずかしいのです。
なので、いつまでたっても「何を言われたのかわからない」。
これが英語のリスニングをむずかしくしている原因です。


ではどうすればよいか?解決策は簡単です。
音声教材に頼ればいいのです。

「人」や「試験」が相手だから、英語を何度も聞き返すのが大変なのです。
相手が「教材」だったら何度だって聞き返せますよね。

機械は怒らない。100回聞いたって大丈夫なのです。

英語のききとりをしたいなら、「人」や「試験」などは相手にせず、英語の音声教材に頼ってください。
そしてわからなかったら何度も聞き返すんです。

そして音声教材を使いまわしてください。つぶれるまで使い倒してください。

そしてできたらね、音声教材を聞く作業と同時に、英文をたくさん覚えておくといいですよ。
そうすれば、音声教材から流れる英会話もわかる確率が上がりますから。

ちなみに六単塾では、英文を暗唱しながらおぼえることで、リスニング力をアップしています。
音声教材で英会話を聞き返すのと一緒にやれば効果倍増です。

ざっとお話ししましたが、この話は六単塾の無料体験版を読んでもらえるともっとわかると思います。メールアドレス1つあれば試せるのでやってみてくださいね。

※六単塾の無料体験版について詳しくはこちらを押してください。