六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】不安に感じたら、考えるのをやめて体を動かすこと

六単塾の祐樹です。こんにちは。

「本当に英語ができるようになるのだろうか?」
英語を学ぶ人なら誰でも1度は考えることでしょう。
これはそんな人のためのコラムです。


僕など学生の頃は不安の固まりでした。
「自分のやっていることを続けて、本当に英語が話せるようになるのだろうか・・?」
1回どころか100回は考えた気がする。

ですが「本当に英語ができるか?」と不安に考えても、いくら考えてもキリがないんですよね。
結局のところ時間のムダなのでやめたほうがいいですよ。


「不安になれば、英語力が伸びる」のなら話は別です。
不安になったほうがいいですよね。でも実際は違います。
英語ができるようになるには、英語力を伸ばす活動をするしかないんですよね。地道に。


1つだいじなことは、英語で不安に感じても、止まっていてはいけないということ。
少しでもいいから動きつづけることがだいじです。

英単語1個でもいいから1日1個覚える。1歩でいいから
前に進むことが大切ですよ。


僕の好きな、日本サッカーの伝説「キング・カズ」こと三浦知良選手は、ブラジル留学時代に下記の言葉をコーチに言われたそうです。

「カズ、悩んでもいい。苦しくてもいい。ただ足はとめるな。
1ミリでいいから前に進め。倒れながらも前に進むんだ。」

僕にとって、この言葉は間違いではなかったです。
名言だった。もしもこの言葉がなければ、僕は不安で英語学習をやめていただろう。


思うに、頭をつかうのがまずいようです。
英語で不安に感じたり悩むのは「頭」のせい。

ですから不安に感じたら、頭をつかわず、とりあえず
手を動かそう。そして1歩でも前に進んでください。
時間の経過とともに不安も消えていきますから。

不安は一時の迷い。一歩でも毎日前にすすめば、不安は時が解決するというわけです。

僕の主宰する六単塾では、1日1個でも英文を覚えることからできます。
1つずつ英文を地道にできれば不安も消し飛ぶんですよ。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは