六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】本格的に英会話をマスターするなら、4年越しで計画を組むことだ

六単塾の祐樹です。こんにちは。

「海外滞在しなければ英語は話せないのでは?」と言われる方は少なからずいます。
これはそんな人のためのコラムです。

僕は、これまで「日本にいたままで英語は充分に話せるようになる」と言い続けてきました。
インターネットのおかげもあり、本当にそうは思っています。

ただ、やはり海外滞在はいずれは必要だと思います。
なぜ海外滞在が必要かは言うまでもないですが、日本は英語圏ではないからです。


日本では日本語が通じて生ができますから、英語が話せなくても別に何も困りません。しかし海外滞在すると話が変わります。
空港に降り立った瞬間からすべてが変わる。日本語が一文字もない世界は日本人にとってカルチャーショック。


そして英語が話せない悔しさを体験できる。これがいいんです。
このリアルな悔しさが、なにくそという気持ちを呼び起こし、爆発的に英語力を伸ばしてくれるのです。

この爆発的な英会話力たるや、日本にいては絶対に得る
ことはできない。ここで英語力が本物かがわかるのです。

そこで海外滞在についてですけど、「1ヵ月間」ぐらい
海外に滞在するといいです。できれば3ヵ月はほしい。


「1ヵ月も海外に滞在できないよ」と思われるかもしれませんが、1度に長期滞在する必要はありません。
合計して1ヶ月間を海外で過ごせばよいのです。

たとえば、海外旅行に1週間いくとしますよね。
年1回海外旅行にいけば、4年間で1ヶ月は滞在できます。

最近は海外旅行も安くなってまして、時期を外せば
格安で行けます。マイレージも貯まりますしね。

だから英語力を磨くなら、遊び感覚で構いませんので海外にいくべきです。1週間の海外旅行を年1回やる。
4年計画を立てておきましょう。僕が主宰する六単塾では、海外旅行先で大活躍する英会話を学べます。
海外旅行を数倍も楽しくする英会話を今からやっておくと損しませんよ。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは