六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】短期留学するなら「場所」と「会話内容」を決めてやれ

六単塾の祐樹です。こんにちは。

短期留学に行って、英会話が通じず、困っている人はたくさんいます。
これはそんな人のためのコラムです。

海外への短期留学は今も人気ですね。
でも、英会話が格段に上達したという話は聞いたことはありません。

たぶん、短期留学では滞在期間が短すぎて、英会話を使う機会が少ないことが、英会話が上達できない理由だと思います。

そこで、短期留学をどうせするなら、英会話する作戦を練っておくといいですよ。計画的に英会話をつかえて、短期留学中でも英会話に期待できると思うんです。

そこで短期留学で一番だいじなことは、「どこで」
「何の英会話」をするか、事前に決めておくことです。

海外にいるからといって、英会話力に自信のない人が、なんでも英会話できるかというと無理があります。

英会話は数年かけて少しずつ上達するもの。ですので短期留学のような短期間では短すぎるのです。

まずは「どこで」英会話するか、場所を決めてください。
お勧めは「ファーストフード店」「コンビニ」「図書館」
といったところですね。

次に、その場所で「何の話を」英会話するかを決めて
ください。予想される会話を決めうちするのです。
たとえばファーストフード店なら

「持ち帰り(to go)」
「ここで食べます(for here)」
「ダブルバーガー2つ(a double burger, please)」

といった英会話を想定できますよね。


このように英会話の内容は、場所に依存します。
場所によってつかうべき英会話の内容は決まってます。
だから、まず場所から決めるわけなのです。

英会話については、書店にある旅行英会話本をみるか、英会話のプロに聞きましょう。

僕の主宰する六単塾では、英会話講師に24時間メールで相談できます。

「こういう英会話をしたいのだけど」に答えてくれるから
短期留学でも海外にいてもサポートできるのです。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは