六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英語教材と勉強法は、それぞれ1対1にせよ

六単塾の祐樹です。こんにちは。

英語熱心な人は、英会話学校や短期留学、英語教材に投資されている方がほとんどです。
でも、その努力とはうらはらに、英語の出来に満足されていない方も少なくありません。
これはそんな人のためのコラムです。

真面目な日本人は、思った以上に多くの時間を英語に投資しているようです。
忙しい中時間をやりくりして英会話スクールや、短期留学に行ったり、巷の売れてる教材を使ったりと、多くの努力をしています。

しかし、そういう人でも英語で挫折しつつある人もいます。

確かに、英語に多くの努力と時間を傾けているのに、英語の成果がないのなら、挫折しても無理はない。
自分のせいにしたくなるのもわかりますけど、本質的な問題は、別なんです。

「あれこれやりすぎ」なんです(笑)。

たとえば、英語教材と英語勉強法、どちらもたくさん知っていて、同時に実践してしまう。「虻蜂取らず」というやつで、多くの人がこのワナにはまっています。

たとえば、英会話教材を5個、勉強法も5つほど知っている
としますよね。真面目な人は、これらを同時に実践します。
同時にやればはやく成功できると考えるからです。

しかしこの成功確率はわずか「4%」しかないんです。。
(「5×5=25通りのパターンが発生するため)

英語ツールと英語勉強法の組み合わせが多くなる分、成功確率は逆に落ちてしまうのです。

逆に「英語教材1つ、英語勉強法1つ」で学べば成功確率は4%から「50%」に跳ね上がります。(英語教材か勉強法のいずれかを改良すればよいため)

真面目な人の場合、成功確率は4%。
真面目でなければ、成功確率は50%。

どっちがいいかは、明らかですね。あれこれやらなくていい。
1つの英語教材、1つの英語勉強法で充分なんです。
改良していけば、50%の高確率で成功していきます。

僕の主宰する六単塾では、六単塾が仕込んだ英文を、六単塾のやり方で教えている。教材も勉強法も1つだから、成功確率が高いわけです。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは