六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英語を独学するときは、学習記録を紙に書け

六単塾の祐樹です。こんにちは。

「朝起き抜けに英語を学びなさい」と僕は常に言っています。
ただ、朝起きぬけにできない人もいるんですよね。。
これはそんな人のためのコラムです。


朝10分起き抜けの英語学習は、とてつもなく効果大です。
でも、人は忘れるもの。だから朝起きたら英語学習がすぐできる仕組みがいると思うんです。

そこであなたは、「英語学習をした記録」を残す習慣をみにつけてください。


一時期、レコーディング・ダイエットが流行ったのをご存じでしょうか。

このダイエット法は、「体重を毎日記録するだけ」。
筆者は10キロ以上のダイエットに成功しました。すごい。
このように「記録」の力ってすごいんですよね。
記録すれば、英語でもどんぴしゃ効く。


「記録」といってもカンタンです。
卓上カレンダーを1つ用意して、机に置いてください。
そして、英語学習をした日に、チェックを入れる。
英語学習をしなければ、チェックはいれない。
ただこれだけです。らくちんですよね。

そして月末になったら、集計をします。
まずその月のチェックの数をかぞえて、その合計値をカレンダーの右上に書いてください。

たとえばチェックの数が15個あれば、「15」という
数字をカレンダーの右上に書く。

やることは以上です。でも、これだけで英語って
続けられるようになるから不思議なんですよ。
あなたもやりましょう。

僕の主宰する六単塾では、専用ワークシートをつかって英語学習の記録をする。
1日10分の短さと記録によって英語が続けやすくなるということだ。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは