六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英語の早さについていけなければ、チームプレーで取り組め

六単塾の祐樹です。こんにちは。

アメリカ西海岸に住んでいる日本人は意外と多いのです。
ただ、英語がよくわからないという人もいます。
ゆっくり英会話を言ってもらえばわかっても、早くてついていけない人も多いのです。

これはそんな人のためのコラムです。

英会話のリスニングは、同じ英会話を何度も聞くことがだいじ。
耳を慣らすことがだいじです。

耳がある程度慣れないと、英会話って理解できないですから。

でもね。ネイティブとの英会話はリアルタイムで消える。
同じ英会話を何回も言ってくれる親切な人はまれです。

だから、ネイティブと話をする機会がたくさんあっても、英会話スクールに行ったり、ネイティブのいる海外にいても英会話のリスニングって伸びないんです。
同じ英会話を繰り返し聞けないから。


そこで、まずは英会話がわかる人を探すのがいいです。
そしてネイティブの話す英会話の意味を聞く。

つまり、英会話を無理に1人で理解しようとするよりも、英会話がわかる人を探す努力をするほうが、効率的なわけだ。


たとえば研究職の人なら、海外の学会に行きますね。ならば
たくさんの研究仲間がおられるはずだから、その仲間に、素直に聞いてみればいいんです。

「この英会話、わからないけど聞いてみてくれる?」
「この英会話、教えてくれたらランチおごるよ?」
「この英会話、教えてくれたら仕事手伝うよ?」

喜んで教えてくれる人はきっといるはずです。


このように英会話のリスニングは、自分一人でいろいろ
考えるよりは、英会話がわかる人に教えてもらうほうがいいってこと。英語ってチームプレーなんです。

僕の主宰する六単塾では、英会話講師が相談役として半永久的にサポートします。
頼もしい相談役がいれば、ネイティブの英会話リスニングもこわくないですよ。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは