六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】学んだことは整理せず、その場で1つ1つ覚えていけ

六単塾の祐樹です。こんにちは。

英語学習のとき、参考書の問題をノートに書き写して整理している人はたまにいますね。
これはそんな人のためのコラムです。


英語の勉強をしていると、学習内容をノートに整理してまとめたくなります。
その気持ちはよくわかる。

でも、整理すること自体には、英語上達の効果としてあまりないので注意してください。

英語学習では、ノートにまとめても英語力にならない。
なぜなら、書くことで満足してしまうからなんです。
まとめた結果を後で見直すことすらしていない。

ノートにまとめた内容を後でみなおす作業は、「自分の書いた日記を別の日に読み直す」ようなものです。
大抵の人はしないよね(笑)。

僕の話になりますけど、引っ越しのときに10年前に書いた日記がみつかったことがあるんです。その内容がもう・・・あまりに恥ずかしい内容でしてね。

「ぎゃああああ!」と日記帳を引き裂いてゴミ箱に捨てました。

後で、家族がそれを読んでいたことがわかったときには、もう1度「ぎゃあああ!」と言いましたけど(笑)。


だから、ノート書くなんて自己満足。書き写す意味などなく、ただの時間のムダになってしまいます。どうしてもノートに整理したいのならば、「そのノートはその日に破棄する」
気持ちでやってください。なら、時間もかけないはずです。
文字も綺麗に書かないでしょう。マーカーをひいて、見栄えを綺麗にする作業もしないに違いない。

逆にいえば、ノートにまとめなければできないような英語学習をあなたがしているのなら、その方向は明らかに間違いですからね。

ノートに整理したり、ノートを綺麗にまとめたりする
時間があれば、英語参考書の問題を1つでも解く。
そのほうが、英語力に貢献しますからね。

僕の主宰する六単塾では、ノートなど一切つかわずに英語力を伸ばす方法を教えてます。英語は整理するより
英文を覚えることに時間を集中すればよいのです。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは