六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】忙しくて時間がない人は、外注して英語の時間をつくれ

六単塾の祐樹です。こんにちは。

忙しくて英語に時間が割けなくて困っているビジネスパーソンは多いです。
これはそんな人のためのコラムです。


確かにサラリーマンには、自分の時間は限界があります。
IT企業のような忙しい会社であればなおさらですね。
そんな人が今以上に時間を増やしたいなら「外注」をしてください。

外注すれば、英語の学習時間はつくれます。

外注というと、企業間の取引のように感じる方もいる
かもしれません。でも、安心してください。簡単です。
だれでも外注はできる。


たとえばあなたの残業時間が多いとしますよね。
深夜まではたらけば、英語学習に時間が割けない。

ここで、同じサラリーマンである同僚と交渉する。
あなたの苦手な業務を同僚に投げるのです。そうすれば
あなたの残業時間は短くなります。

その代わりに同僚には、バイト料としてお金を渡す。
あるいは飲みに連れていってあげるのもいいですね。
部下が酒好きなら、珍しい地酒をプレゼントするのもよさそうです。


あるいは「仕事と仕事」を交換するのも面白いです。
仕事仲間の苦手な業務を、あなたが代行するのです。
代わりにあなたの苦手な仕事を、仕事仲間に任せる。
そうすれば仕事は早く終わります。時間がつくれますね。


以上のように、外注は、お金をかけてもかけなくてもだれでもできることです。そして時間はやろうと思えば
いくらでもつくることができる。

僕が知っているる限り、英語で成功している人は、他人の力を120%利用しています。あなたも、外注して
時間をつくってくださいね。

僕の主宰する六単塾では、あなたの代わりに英語学習でしなければいけない準備をしている。
六単塾を外注先としてつかえば、時間もできるということだ。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは