六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英語学習で行き詰ったら、考えていることをノートに書きだしなさい

六単塾の祐樹です。こんにちは。

英語の勉強法についてかかれている本を買いあさっている人は多いと思います。
これはそんな人のためのコラムです。


英語をやっていると「これで本当にいいのかな?」
と不安に感じることも少なくないですよね。


しかし、不安だからといって考え込んでしまうとダメ。
いい解決法やアイデアは出てこないです。


そこでなにか不安に感じたりしたときは、「手を動かす」。手を動かしてっください。


僕の経験上からも、アイデアは手から生まれる。
手の刺激が人間の脳に刺激を与えるのかもしれない。
理屈はどうあれ、手を動かすと頭の中が整理されます。


そこでノートとペンを持ち歩いてください。
常に持ち歩いておき、何か悩みが生まれたときや、何か問題を解決したいときに、ノートに書く。


ノートには思いついたことを書きなぐってください。
手をうごかしていると、さまざまなアイデアや気づかなかった盲点が浮かび上がってくるのです。


ノートは、どこでも売っている大学ノートでいい。
ペンも100円程度のボールペンでよいのえすが、このペンとノートがあなたの人生を変えます。


僕も、ノートとペンのおかげで画期的な英語法を
あみだしたりできたし、自分の弱点も克服できた。


効率的にリスニング力を高める方法を検討したり、同時通訳力を習得する方針をみつけだしたり、ノートとペンは、様々な効能があったのです。


僕の「祐樹式」もノートとペンから生まれました。


はカフェで、電車内で、電車待ちのホームで、タクシーで、ホテルで、空港で、フランスで。
ドイツで、スイスで、オランダで、アメリカでノートとペンは、僕の人生を変えてきました。


ノートで雑記のように書けば、アイデアは出ます。
不安に感じたときも、まず手を動かしてください。
これがほんとうにすごいんです。

僕の主宰する六単塾では、ノートとペンも使って
手を動かすようにしています。いろいろな意味で、手を動かすってだいじなんですよ。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは