六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】6つの勝利条件を知れば英会話も楽勝だ

六単塾の祐樹です。こんにちは。


英会話学習には基本戦略がある。基本戦略をおさえておけば今後英会話で困ることはない。
基本をまずおさえておこう。


最初の前提として、英会話上達には大きく分けて
スピーキングとリスニングの2スキルが必要になる。


ちなみにスピーキングとは英語を話しかける力であり、リスニングとは英会話を聞きとる力のことをいう。


さてスピーキング力をつけるには、次の6つのステップを
とれば実現できる。


1. あなたが話すだろう言葉を書き出す
2. その言葉を英語でどう話すか正しい情報を調べる
3. その英語の正しい発音を聞いて読みカナにする
4. 読みカナを話して正しい発音に近いようにする
5. 話したい言葉を2秒以内に発音できるよう訓練する
6. 以上の準備をした上で、外国人に話しかける


以上の6ステップのうち、1~5は事前準備だ。つまり
事前準備が90%以上も占めている。ネイティブに
話しかける力を得るには事前準備が肝になるのです。


では次に、リスニング=英語を聞きとるためには、以下のステップをとればいい。


1. あなたが話すだろう場所と状況を想定する
2. その場所でどんな英語が使われるか正しい情報を調べる
3. その英語の正しい発音を聞いて読みカナにする
4. 読みカナを話して正しい発音に近いようにする
5. 暗記量を増やして理解できるように訓練する
6. 以上の準備をした上で、その場所で会話を聞く


以上の6ステップのうち、1~5はやはり事前準備だ。
つまりリスニングでもスピーキングでも事前準備が90%以上を占めている。


つまり英会話の基本戦略、それはステップ1~5の「事前準備をしておけ」ということなのです。


しかし、この事前準備ができていない人が多い。
だから英会話ができないのです。


大抵の人は、英語CDの聞き流しをしたり、文法参考書を
1からやってみたり、英会話スクールに通ってみたり、人気教材を手取り足取りやってみたり、意味なく英単語を
覚えてみたりしているだけです。


これらは、さっきの6ステップの中には全然含まれていない。
事前準備ではないのです。


事前準備をやっておけば英語を話しかけるときも、英語で話しかけられたときも、余裕たっぷりに対応できる。


事前準備とは英会話の基本戦略なのです。事前準備を怠る者は英会話などできないと断言しておこう。




僕の主宰する六単塾では、事前準備をさせる仕組みなので英会話できるようになったという報告がたくさん届く。
事前準備の戦略で英会話力は伸びていくということだ。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは