六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】のんびり英語を上達させるには「具体的な目標」を宣言せよ

六単塾の祐樹です。こんにちは。

ボケ防止のために、英語をのんびりやっていこうという方は少なくありません。
これはそんな人のためのコラムです。


英語を学ぶ目的は、人それぞれです。


相談者のように「のんびり」やる人もいれば、「頭の訓練のため」という人もいる。それはそれでぜんぜん構わない。


ただ、具体的な目標も一緒に用意したほうがいいです。
具体的な目標がないと、挫折しやすくなるからです。


いくつになっても、なにか具体的な目標がないと人は途中で止めてしまう。目標がなければ人間は行動しない。


逆に目標があれば、そこに向けてどうやればいいか
切磋琢磨するものです。


ゴールのないマラソンはない。ゴールがなければ
ゴールを自分でつくればいいんです。


では具体的な目標とはどういうものか?
例をあげますと・・・


「カリフォルニアへ単身旅行できるようになる」
「シンプソンズを全部聞き取れるようになる」
「ヘラルドトリビュートをほぼ読めるようになる」


こういう目標こそ、具体的な目標です。目標があれば
やることも限定される。ムダな活動をしなくて済む。
それが結果的に早く成功に近づくことになります。


英語は、いくつになってもマイペースで長く学べる人が勝つ。そういう世界になっています。年齢のハンデはなく、じっくりできる人が勝つのです。


具体的な目標をたてられるかどうか。それであなたの英語の成功率が決まる。あなたが英語ができるかは実は英語をはじめる前に決まっているのです。


あなたも具体的な目標を1つでもつくることを
お勧めします。


僕の主宰する六単塾では、塾生になにか目標をつくって
もらう。そうすることで、英語学習へのやる気を喚起して
いるのだが、効果は抜群だ。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは