六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】発音・イントネーションは割り切って真似ろ

六単塾の祐樹です。こんにちは。

「どうやれば外国人みたいにうまく発音ができますか?」というご相談をよくいただきます。


発音やイントネーションは確かに英語では大事だ。
発音・イントネーションを無視して英会話はできない。
しかし発音にこだわり過ぎるのもまた時間のムダだ。


実は英語初心者であるほど、発音にこだわる傾向に
あるようだ。


たとえばLとRの発音の違いについてこだわってしまう。
「Lの発音は、舌を上あごの上にくっつける」といった
発音の解説を真に受けてしまうのです。


しかし、そもそも英語の発音はネイティブでなければ
通じないわけではない。ネイティブレベルでなければ
英語が通じないというのは誤解に過ぎない。


綺麗な英会話の発音やイントネーションができなくても、英語は充分通じるのです。


なので発音・イントネーションの練習は、こだわらずに
割り切ってしまうことが大切だ。たとえばLとRの違いなら
Lは日本語のらりるれろ。Rは口の奥で低くこもった声で「らりるれろ」と考えればよい。英会話の発音はこれぐらい
割り切っても十分通じるものです。


発音やイントネーションは、解説を読むよりも、実際に
ネイティブの発音を聞いて真似をすればいい。真似すれば
発音はできる。


「上あごに舌をつける」といった解説より、何度も英会話を
聞いて、そのような発音ができるような反復練習がよい。


そもそも発音より大事なことは、英会話を覚えることだ。
いくら綺麗な発音ができても、たった1つしか英会話が話せないなら意味がない。


多少ぶさいくな発音でも100の英会話ができるほうが有用だ。
発音は後から修正できる。




僕の主宰する六単塾では、発音・イントネーションを向上
させる英語テキストを用意しており、発音も英会話文も両方習得できる。


発音練習よりも英会話習得することをメインにするほうが得策ということだ。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは