読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

海外旅行中に英会話するにはどうするか考えてみた

六単塾の祐樹です。海外旅行中の英会話するにはどうするか考えてみました。結論からいうと英会話は本からみつけずに想像してメモに残していくのが本筋になります。メモに残っている会話、ありますよね。極端な話、その会話をすべて英語で話せるようになれば、ゴールです。

 

メモの会話数、合計で20ぐらいに絞ってください。30より多かったら、△の会話例から削っていって、全体的に20ぐらいに落とし込むのがベストです。海外旅行直前なので、3ヵ月前でも20ぐらいの英語フレーズしか覚えられないと思いますのでね。あまり欲張らずに。目的は海外旅行中に英会話をちょっとでもできたらいいなぁ、というところですから。

 

で、ここまであなたが辿りついたら、おめでとうございます。英会話の成功確率はかなり高まってきました。ただ、最後の仕上げが残っています。メモの会話を英会話にするという作業ですね。海外旅行中にあなたが言いたいことは、あなたの手元に残ったメモに記載されています。そこに書かれた想定会話を英会話にしましょう。これが最後の仕上げになります。

 

くりかえしますが、海外旅行中に「あなたが言いたいこと」をメモにしたことは本当に重要なことです。これ誰もやらないですね。みんなラクしようとして、「海外旅行でつかう英会話フレーズ」といった本を買って満足している人ばかりです(笑)。

確かに書店にいけば、海外旅行向けの英語本はたくさんあります。

確かに書店にいけば、海外旅行向けの英語本はたくさんあります。けれども、その本に含まれている英語フレーズのほとんどが「あなたが話さない言葉」がばかりです。

 

いや、実際にそういう本をみてもらいたいんですけど、本当に、「あなたが」話したい言葉が載っているかというと、ほとんどないと思います。「重要そうなフレーズに思えるけど、私はこういうこと旅行中には言わないかなぁ」と思われるに違いありません。万人向けの本なんてこの世には存在しないんですよ。

万人向けの本なんて存在しない

常用英会話ならともかく、「旅行英会話」や「ビジネス英語」みたいに、ある程度英語をつかうシチュエーションが限定されている場面というのは、人によって使う言葉は様々です。こういう限定シチュエーションにおいて英語を話す(スピーキング)をする場合、万人向けの本など存在しないと思ってください。

 

旅行英会話のような限定シチュエーションにおいては、英語を話すことについては、自分で今回のように教材をつくっていくのが一番です。万人向けの本など存在しないんで。ちなみに英語を聞く(リスニング)場合なら、そういう本も有用ですけどね。リスニングの場合は、たくさんの言葉を知ってなきゃいけないから。自分がつかわないような言葉も、他人は使いますので、他人がつかう可能性の高い言葉を覚えていくことは大事なんでね。

 

旅行英会話の本もリスニングという意味であれば使える。でも英語を話しかける(スピーキング)には使えない。そういうことです。ここ重要なんで、頭の中で整理してくださいね。今回の目的はあくまで「海外旅行中に英語を話してみる」ということなんで、スピーキングするのが目的なので、想像や妄想をつかって自分で英語を話したい言葉を絞り出すということをしたわけです。

ポイント

  • 常用英会話ならともかく、「旅行英会話」や「ビジネス英語」みたいに、ある程度英語をつかうシチュエーションが限定されている場面というのは、人によって使う言葉は様々です。
  • ここ重要なんで、頭の中で整理してくださいね。
  • 今回の目的はあくまで「海外旅行中に英語を話してみる」ということなんで、スピーキングするのが目的なので、想像や妄想をつかって自分で英語を話したい言葉を絞り出すということをしたわけです。

次回流し読み

「ご面倒をお掛けしました。」 「これから一杯やりにいきませんか?」「よろしくお願いします」「いらっしゃいませ」「私の名字は日本ではよくある名字です。」「私は日本の山梨出身です」「とても緊張しています。」「会社員です。」「メールアドレスを教えてください」「旅行英会話の本もリスニングという意味であれば使える。」「自分がつかわないような言葉も、他人は使いますので、他人がつかう可能性の高い言葉を覚えていくことは大事なんでね。」「「英語を話しかける(スピーキング)には使えない。」「そういうことです。」「万人向けの本など存在しないんで。」

 

なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。