読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「食べ過ぎて太りました。」と英語で言えますか?


今日は「体調」に関する英語表現をいくつか紹介します。


昔からあることわざに「腹八合に医者いらず」。英語でいうと“Moderation in eating keeps the doctor away.”となりますが、年齢を重ねた胃腸は、食べ過ぎ、飲み過ぎに敏感です。注意しましょう。


(胃の調子が悪い。)
“My stomach is out of order.”


(胃の調子をこわしている.)
“I have an upset stomach.


(食べ過ぎて胃の調子が悪い。)
“I overeat myself, and something is wrong with the stomach.”


(今日は胃の調子が悪いので飲めません。)
“I cannot drink today、because something is wrong with the stomach.”


(また次回飲みましょう。)
“Lets go out drinking again.”


( また一緒に飲みましょう。)
”Lets drink together again sometI'me.


胃腸の調子が悪く元気がない人がいたら(どうぞお大事に。)”Please take care of yourself.”と伝えましょう。


「太る」は英語でどういえば良いでしょうか?「太る」は英語で“get fat”または“grow in flesh.”です。ちょっとドキドキする言葉ですね。


休暇後に、上司に(君は最近少し太りましたね.)“Youve put on a bit of weight recently.”なんて言われてしまったら、こう答えましょう。


(食べ過ぎて太りました。)
I overate myself and gained weight.


逆に、痩せて出勤する人も中にはいますね。「痩せる」は英語で““lose weight”と言います。slImとも言いますが、こちらのほうが日本人にとってはファミリアかもしれませんね。lose weightとslim、セットで覚えましょう。覚えやすいと思います。


それでは体調に関する英語表現をおぼえてお役立てください。


【例文を読む】

食べ過ぎて太りました。

I overate myself and gained weight.


今日は胃の調子が悪いので飲めません。

I cannot drink today、because something is wrong with the stomach.


なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。



 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。