六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「もう少し値引きしてもらえませんか?」と英語で言えますか?


海外で買い物をする時、商品値は高く設定されていることが多いものです。特に、観光地といわれる場所では、値引き交渉をすることが多いと思います。そこで今日は「値引き」に関する英語表現をいくつか紹介します。


「値引きしてください」を英語でいうと“Discount please”。海外での値引き交渉表現を覚えて、お買い得価格で購入したいですね。


日本語より、英語だから値引き交渉がし易いということもあります。実際私は日本では値引きをしない(というより勇気がなくてできない)方ですが、海外で値引き交渉したことは何度もあります。値引きしてくれた時は嬉しかったです。


「値引きしてください」をもう少し丁寧な言い方でいう時,(値引きしてくださいませんか?)“Could you please give me a discount?.です。


(20ドルにしてください。)“Make it 20 dollars,please.


「お店の人が安くできますよ」と言ってくれた場合は、値引きをさらに進めていきましょう!お店の人からdiscount OK!と言ってくることもあります。


「少しなら安くできますよ。」“We can do a little.” と言われたなら、(もう少し値引きしていただけませんか?“Can I have a little more discount?”と聞いてみましょう。 この位でよいと思ったらその価格決定となります。


(それ以上は安くできませんか?)“Is that your final price?”と最後に聞いてみても良いかもしれません。しつこすぎない低度にですが・・・。是非海外に行ったら、値引き交渉の英会話を楽しんでください。値引き交渉に成功して買った商品は思い出になりそうですね。


【例文を読む】

もう少し値引きしていただけませんか?

Can I have a little more discount?”


20ドルにしてください。

Make it 20 dollars,please.


3つで25ドルでどうですか?

How about 25 dollars for three?”



なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。



 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ