六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「もう少し値引きしてもらえませんか?」と英語で言えますか?



52万人が体験!「たった6単語の英会話習得法」今なら無料で試せます

あなたは「たった6単語で英語は話せる」ことをご存じですか?6つの単語からなる超シンプルな英会話フレーズを体得して、英語をあきれるほど楽しくラクに話す方法があるんです。メールアドレスを登録すれば無料で体験できます。今なら先着300名に特別レポート「1日10分であきれるほど英単語を覚える方法」も無料プレゼント。今すぐメールアドレスを入力して申込ボタンを押してください。無料です!


メールアドレス入力


 

海外で買い物をする時、商品値は高く設定されていることが多いものです。特に、観光地といわれる場所では、値引き交渉をすることが多いと思います。そこで今日は「値引き」に関する英語表現をいくつか紹介します。

 

「値引きしてください」を英語でいうと“Discount please”。海外での値引き交渉表現を覚えて、お買い得価格で購入したいですね。

 

日本語より、英語だから値引き交渉がし易いということもあります。実際私は日本では値引きをしない(というより勇気がなくてできない)方ですが、海外で値引き交渉したことは何度もあります。値引きしてくれた時は嬉しかったです。

 

「値引きしてください」をもう少し丁寧な言い方でいう時,(値引きしてくださいませんか?)“Could you please give me a discount?.です。

 

(20ドルにしてください。)“Make it 20 dollars,please.

 

「お店の人が安くできますよ」と言ってくれた場合は、値引きをさらに進めていきましょう!お店の人からdiscount OK!と言ってくることもあります。

 

「少しなら安くできますよ。」“We can do a little.” と言われたなら、(もう少し値引きしていただけませんか?“Can I have a little more discount?”と聞いてみましょう。 この位でよいと思ったらその価格決定となります。

 

(それ以上は安くできませんか?)“Is that your final price?”と最後に聞いてみても良いかもしれません。しつこすぎない低度にですが・・・。是非海外に行ったら、値引き交渉の英会話を楽しんでください。値引き交渉に成功して買った商品は思い出になりそうですね。

 

【例文を読む】

もう少し値引きしていただけませんか?

Can I have a little more discount?”


20ドルにしてください。

Make it 20 dollars,please.


3つで25ドルでどうですか?

How about 25 dollars for three?”



なお、英会話フレーズをたくさん覚えるコツはメールで限定公開しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。続きが気になる人はメールアドレスを登録してください。メールでお教えします。もちろん無料です!


メールアドレス入力