六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「連絡くれてありがとう!」と英語で言えますか?


「ありがとう」の言葉は海外では海外では、日本よりも頻繁に使います。それでは今日は、“Thank you”の表現方法を幾つかご紹介します。


(ありがとう)“Thank you”よりもう少し親しみのある表現は、”Thanks”です。気さくなありがとうという意味で、 家族間などで日常会話で良く使います。


感謝の気持ちを強く伝えたい時には、“Thank you very much”, “Thanks a lot.”など、副詞(very much, a lot、so much,) をThank you の後ろに持ってきます。


人に何かをしてもらい、それ対してのお礼をいう場合なら”Thank you for〜””for”の後ろは名詞または動詞+ingになります。


(いつもご支援くださりありがとうございます。)Thank you for supporting me always.


(情報を共有して頂いてありがとうございます。)”Thank you for sharing the information.


(ご連絡ありがとうございます。)“Thank you for calling.”


(メールでご連絡ありがとうございます。)“Thank you for e-mailing.”


(お問い合わせりがとうございます。)“Thank you for your inquiry.”


カジュアルな表現で(連絡してくれてありがとう)と言う場合は、“Thanks for getting in touch with me.”です。これは、(ありがとうね〜)のような気軽な表現です。 (とにかくありがとう)と伝える時なら”Thank you anyway.“となり、これも使いやすい表現です。あ


りがとうと言われると相手も気分が良いものです。特に海外では感謝の気持ちを言葉とボディーランゲージで伝えることが日常的です。われわれ日本人も、感謝の気持ちを相手に伝えられるようにしておきたいですね。


【例文を読む】

いつもご支援くださりありがとうございます。

Thank you for supporting me always.


連絡くれてありがとう!

“Thanks for getting in touch with me.”



なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。



 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ