読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「遅れてすいません。」と英語で言えますか?


英語表現で謝る時の表現について紹介します。謝るときの代表的英語表現として、excuse me と sorryの2つがあります。違いについて書いていきます。


例えば、道を歩いていて人にぶつかった場合、”Excuse me”を使います。海外で地図をみながら歩いていて、道を尋ねたい時にも“Excuse me”と声をかけて聞きます。excuse me は日本語でいう「すみません」なのですが、自分が悪いとは思っていないところがポイントです。相手に対する断りというニュアンスになります。


次に”I’m sorry”についてですが、外国では自分に非があることを認めて使う謝罪として使う表現なので日本人のようにすぐには使いません。ですから道で人にぶつかった時は”Excuse me”で済ませることが多いのです。


深く謝る時は日本語では、(申し訳ありません。)これを英語でいうと、“I’m very sorry”や “ I really sorry”になります。


ビジネスシーンで、アポイントの時間に遅れることはあってはならない事ですが、もし遅れてしまったら(遅れてすいません。)I ‘m sorry, I’m late.や“I’m sorry to be late”と伝えましょう。 遅れたことに対して謝罪した後理由を伝えます。


交通渋滞traffic congestionなどで、アポイントに遅れる場合は、携帯電話などから事前に連絡することをおすすめします。 謝罪の言葉に対する英語表現は、(いいですよ。)“It’s all right”や That’s ok.”です。


(気にしないでください。)と伝える時は“Never mind,don’t worry.””No problem”を使います。


相手が謝罪してきた時“No problem”と伝えたいところですが、ビジネスシーンでは謝罪するような事態を極力さけるように日頃から注意が必要ですね。


【例文を復習する】

“I’m very sorry”

申し訳ありません。


I ‘m sorry, I’m late.

遅れてすみません。



なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。



 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。