六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「それはどういう意味ですか?」と英語で言えますか?


相手の話している言葉が聞き取れないことってありますね。ビジネスでは、聞き取れないまま曖昧にしてしまうと後でとんでもないことになることがあります。わからないときは、できればその場ですぐに聞き返したいものです。


聞き返す時の英語表現は、“sorry?””pardon?”や“ Excuse me?”などが気軽に使えますが、ビジネスシーンでは、もう少し丁寧に聞き返します。


(もう一度いってください) “ I beg your pardon?”


それでも、相手の話すペースが速すぎてはまたまた解らない時は、(もう少しゆっくり話してもらえますか?)と言ってみます。"Could you speak more slowly please”は、丁寧な表現です。


(なんと言いましたか?)と聞き返す時は、“What did you say?”


それでも相手の言っている言葉ば聞き取れない時には、”I can’t catch your words.” “Ican’t hear you well.” と言って、よくわからなかったと伝えましょう。


(あなたの言っていることが理解できません。)“I can’t understand you.


(それはどういう意味ですか?)“What do you mean by that?”


話の途中で質問をする場合は、(すいませんが、質問してもいいですか?)と聞きましょう。同じ意味で“Excuse me, May I ask you something?”も使えます。


海外では解らない事があったらその場で確認するのが一般的。相手のスピーチを止められない場合は、オーバーアクションで手をあげてみたり、Oh〜などアクションと声で止めます。 慣れると自然にできますが、聞き返す際の英語表現を幾つか覚えておくと良いですね。


【例文を復習する】

あなたの言っていることが理解できません。

I can’t understand you.


それはどういう意味ですか?

What do you mean by that?”


すいませんが、質問してもいいですか?

“Excuse me, May I ask you something?”


なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。



 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ