読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「それで結構です。」と英語で言えますか?


今日は「自分の考えを伝えるときの」ときの英語表現を紹介します。


「そう思う」は英語で、“I think so”や”I guess so”を使います。すぐに質問に答えたり、うなづく方法もありますので、場面によって使い分けると良いです。


相手の言っていることに同感する場合は、(そう思います。)“I think so”や”I guess so.”です。(その通りです)と答える場合なら、”That’s right “や”Exactly”を使います。


もっと強い肯定表現を伝えたい時は、(絶対そうです)“Absolutely”といえばいいですね。


(それで結構です。)That’s fine


(問題ありません。)No problem.


「多分」という英語表現には、“Perhaps”や”Maybe”を使うこともあります。多分という英語表現についてまとめましたのでおぼえておきましょう。


【例文を読む】

I think so.

多分そうだと思います。


Most likely

ほぼそうだと思います


That is possible.

それはありえる話と思います。


Ibelieve so.

そう信じています。








なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。



 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。