六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「ご面倒をお掛けしました。」と英語で言えますか?



52万人が体験!「たった6単語の英会話習得法」今なら無料で試せます

あなたは「たった6単語で英語は話せる」ことをご存じですか?6つの単語からなる超シンプルな英会話フレーズを体得して、英語をあきれるほど楽しくラクに話す方法があるんです。メールアドレスを登録すれば無料で体験できます。今なら先着300名に特別レポート「1日10分であきれるほど英単語を覚える方法」も無料プレゼント。今すぐメールアドレスを入力して申込ボタンを押してください。無料です!


メールアドレス入力


 

今日はビジネス英語についていくつかご紹介します。

 

たとえばお客さんとビジネスランチやランチミーティングというのは日本でも最近よくやっていることですよね。英語で「ランチはどうだった?」と聞くにはどういえばいいでしょうか。これはhowを使います。

 

(今日のランチミーティングはいかがでしたか?)

How was lunch meeting today?

 

(昨夜の夕食はいかがでしたか?)

How was dinner last night?

 

お客様に迷惑をかけてしまったときの英語表現はどうなるでしょうか。通常は(申しわけございません。)と謝罪しますね。謝罪の英語表現は一般的に“I‘m really sorry.” ですが、ビジネス上で使うなら” I’m terribly sorry.”を使う方が好印象です。

 

(ご面倒をお掛けしました。)

“I apologize for the trouble I’ve caused you.

 

そして詳しく聞く時には(詳しく教えてください。)Tell me more? さらに具体的な説明をしてもらいたい時には、(具体的に?)Specifically?を使うと良いでしょう。What do you mean by?という英語表現をつかうと、(それはどういう意味でしょうか?)と聞くこともできます。一緒におぼえておきたい表現ですね。

 

【例文を復習しよう】

申し訳ございません。

I’m terribly sorry.


ご面倒をお掛けしました。

I apologize for the trouble I’ve caused you.



なお、英会話フレーズをたくさん覚えるコツはメールで限定公開しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。続きが気になる人はメールアドレスを登録してください。メールでお教えします。もちろん無料です!


メールアドレス入力