読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「ご面倒をお掛けしました。」と英語で言えますか?


今日はビジネス英語についていくつかご紹介します。


たとえばお客さんとビジネスランチやランチミーティングというのは日本でも最近よくやっていることですよね。英語で「ランチはどうだった?」と聞くにはどういえばいいでしょうか。これはhowを使います。


(今日のランチミーティングはいかがでしたか?)How was lunch meeting today?


(昨夜の夕食はいかがでしたか?)How was dinner last night?


お客様に迷惑をかけてしまったときの英語表現はどうなるでしょうか。通常は(申しわけございません。)と謝罪しますね。謝罪の英語表現は一般的に“I‘m really sorry.” ですが、ビジネス上で使うなら” I’m terribly sorry.”を使う方が好印象です。また、(ご面倒をお掛けしました。)と丁寧に言うなら“I apologize for the trouble I’ve caused you.がよいでしょう。


そして詳しく聞く時には(詳しく教えてください。)Tell me more? さらに具体的な説明をしてもらいたい時には、(具体的に?)Specifically?を使うと良いでしょう。What do you mean by〜という英語表現をつかうと、(それ〜はどういう意味でしょうか?)と聞くこともできます。一緒におぼえておきたい表現ですね。


【例文を復習しよう】

申し訳ございません。

I’m terribly sorry.


ご面倒をお掛けしました。

I apologize for the trouble I’ve caused you.



なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。



 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。