読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「これから一杯やりにいきませんか?」と英語で言えますか?


「相手の趣味や週末の予定を聞く」ことは、ビジネスシーンではよくつかわれるテクニックですね。そうすることで、趣味の話で盛り上がったりして、相手と親しみを持てることがあります。もちろん初対面の相手でも効果的なテクニックです。


そこで英語で「相手の趣味や週末の予定を聞く」にはどういえば良いでしょうか?


「週明けにどうしていましたか?」という質問は、挨拶の代わりとして使うこともあれば、営業のコミュニケーションの方法として使うこともあります。 例えば、身体を鍛えている感じの方になら、(何かスポーツをされていますか?)”Do you play any sports?”と聞いてみるのがいいですね。


(連休は何をやっていましたか?)“ What did you do in the consecutive holiday?”


ビジネス場面では、仕事意外の話も英語でできると相手のことを理解できて、知識も得られますね。


「食事でも・・・」と話しかけてみる英語表現も重要ですね。その場で声をかける時の表現をいくつかご紹介します。


(今度、飲みに行きませんか?)“Won't you go drinking with me next time?


(これから一杯どう?)Why don’t we go and get a drink?


相手の週末の予定や連休の予定、趣味などを聞く英語表現を覚えておくと、自己知識も高まり、いろいろな場面で役立ちます。


【例文を復習しましょう】

Do you play any sports

何かスポーツをされていますか?


Why don’t we go and get a drink?

これから一杯やりにいきませんか?


なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。



 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。