読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「よろしくお願いします」と英語で言えますか?


英語で「よろしくお願いします」は、どういえば良いのでしょうか?


ビジネス場面でも、どのような場面でも大切な挨拶ですが、日本語の「よろしくお願いします」と同じ英語はありません。


そこで、たとえば、Let’s give our best today.”を使いましょう。意味は、(今日もベストを尽くしましょう。)ビジネス場面の挨拶にはピッタリの挨拶です。前向きな挨拶に周囲も元気になりそうですね。


これもビジネス場面やいろいろな場所で使いたい言葉です。


社内での挨拶も仕事の一部。仕事をスムーズに進めるためにはコミュニケーションは大切ですね。 社内会議や来客の打ち合わせで、外回りへ行く営業の人には、ひと声かけてみましょう。


例えば、“Good luck.” や”See you later”と言ってみましょう。どちらも(いってらっしゃい)という意味。 外出する人を気持ちよく送り出すと、相手も良い仕事をしてこようと前向きな気持ちになるものですね。


【例文を復習しましょう】

今日もベストを尽くしましょう。

Let’s give our best today.”


良い1日にしましょう。

“Let’s have a good day”


いってらっしゃい。

See you later.




なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。



 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。