読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「とても緊張しています。」と英語で言えますか?


自己紹介したり、人の紹介をするときに英語でどのように伝えたら良いでしょうか。今日は、性格や人柄についての英語表現をご紹介しましょう。


(気さくなタイプです。)I’m friendly.”


(私はざっくばらんです。) I’m frank


(彼女は面白いです)She's funny.


などの表現があります。相手はあなたと話をしてみたくなるかもしれません。


逆にあなたがマイナス表現を使う時、あまりにストレートな英語表現を使うと、相手に強いマイナスイメージを与えることになります。そこで ”not very”(あまり〜ではない)や、”a little”(少し〜)の英語表現を使えば、相手にマイナスイメージを弱く伝えることができます。


I’m shay and very nervous now.

恥ずかしがり屋なので、今とても緊張しています。


初めての自己紹介で強いマイナスイメージを相手に与える必要はありません。””ちょっと〜です。”という英語表現で伝えると、柔らかくマイナス面もあることを伝えることができます。


ところで英語圏でのビジネス場面での自己紹介は、胸を張り自身がなくても自信ある態度で自己紹介しましょう。 対等に仕事を進めたいと考えているパートナーは、マイナスイメージの相手と取引を望みません。


柔らかいマイナス表現を使うのは、プライベートの場面なら問題ありません。柔らかいマイナス表現を使うことも良いでしょう。あなたの性格を理解してもらえます。


自己紹介で性格や人柄を英語で伝える表現方法を覚えておくと役立ちます。


【例文を読む】

I always keep my word.

私は、いつも約束を守ります。


He has a humorous side, too.

彼はユーモアなところもありますね。



なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。



 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。