読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「会社員です。」と英語で言えますか?


職業を英語で伝えるにはどのように言えば良いでしょうか?


職業は、時代とともに変化してきました。女性の社会進出によって職業の表現方法も男女別の表現にならないように変わってきています。 例えば、米国では、消防士policeman⇒police officerのように男女共通の職業表現になりつつあるのです。


米国では、職業を持つ女性が日本よりも多く職業別の英語表現も日本より早く変化しています。 日本でもバスの運転手、タクシードライー、フォークリフト、ガードマンも女性の職業にもなってきています。


日本での職業の英語表現が海外では伝わりにくいことも出てきそうです。 職業の英語表現は、時代の動きを見ながら英語圏の人に伝わる英語で説明したいものです。


I’m a office worker.

私は、会社員です。


職業を英語で伝える表現は時代の流れにより変わります。 その時代に合った英語表現であなたの職業について英語で説明してみましょう。


【例文を読む】

I’m a dentist.

私は、歯科医です。

I'm a police offcer.

私は、消防士です。

保存

保存


なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。



 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。