六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】飽きない英単語暗記!サクッと覚える人のテクニック

beautiful-19075_640.jpg

どうもこんにちは。皆様ご存じ、六単塾の祐樹です。

今日はですね、「飽きない英単語暗記!サクッと覚える人のテクニック」というお話をしたいと思います。わかりやすい話なのでサクサク読んでくださいね。

さて今回のご相談。兵庫県にお住まいの50歳代・サラリーマンの方よりいただきました。

「英単語や英文をうまく暗記できないか模索しています。できれば飽きずにやりたいのですが、アドバイスください。」

いい質問ですね。「飽きずに英単語や英文を暗記したい」。できそうでなかなかできるものではありません。

英単語って、歴史の年表と同じと思ってます。ただ覚えるしかないから、飽きずにはいられない(笑)。ちなみに僕は歴史って大好きなんですけど、歴史の「授業」は大嫌いでした。だって学校で学ぶ歴史の授業って、「1192年、鎌倉幕府ができた。」といった年表を覚えるだけでしたからね…。まぁ、苦痛でしかなかったもん。飽きました。

しかし我々は、学校に通う生徒ではありません。立派な社会人なので、いろいろ工夫できる余地はあります。いろいろと自由度はあるわけです。

そこで「飽きない英単語暗記!サクッと覚える人のテクニック」という方法をお教えしましょう。

その方法、こちらにございます。

【解決法】

英単語の暗記ランキング(自分調べ)をつくる。

日本人はランキングが大好きなんですよね。「今週の第一位!」という言葉に惹かれるよね。「新曲ランキング、今週第1位は…」「ダイエット部門で第1位!」という言葉に、血沸き肉躍るのが日本人です(笑)。順位づけするのが好きなんだよ。

そこで英単語をおぼえるような単純作業は、ランキングにするのが一番です。そうすれば血沸き肉躍る。ワクワクしますよ。

そこで、自分でランキングをつくってください。英単語の暗記ランキング(自分調べ)をつくってください。これから覚えようとする英単語は、メモ紙にリストをとってください。それぞれの英単語は、何回トライして何回忘れたのか、覚えたのか、そういうデータを一緒にメモしてください。そうして1ヶ月とか1週間という単位で集計してランキングをつくるのです。

ランキングのつくり方は自由です。たとえば「週間・俺の忘れた英単語ランキング」。「月間・文字数の多い英単語ランキング」。「月間・私が何度も調べた英単語ランキング」。いろいろアイデア出そうですね。

こうやって集計すると楽しくなります。「今週の第一位はこの英単語か・・・」なんてわかると、ちょっと楽しくなりますし飽きずにやっていけますよ。

ちなみに僕は英単語暗記以外にも、やることやることにランキング表をつくっています(仕事も含め)。そうやって飽きずにできるように工夫してきたんですが、すごく持続効果がありました。ランキング表つくった仕事は数年間ずっと続けられていますからね。

こういうランキングつくりって結構頭の別の部分が動くというのかな?すごくおもしろいですよ。英単語を暗記するためにランキングをつくっているのか、ランキングをつくるために英単語を暗記しているのか、わからなくなりますが(笑)。飽きずにするために、タダですぐにできる方法ですから、ぜひやっていただくといいと思います。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは