六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】絶対に後悔しない!TOEIC500点オーバーの方法

cotton-candy-186478_640.jpg

六単塾の祐樹です。今日はですね、「絶対に後悔しない!TOEIC500点オーバーの方法」をお話します。

先日、相談をいただきました。「TOEIC試験を控えています。しかしなかなか500点を超えられなくて困っています」・・と。

口酸っぱく言ってますが、TOEICはやっぱり500点というのが1つの壁になってますね。500点までだとある程度遊んでていても、なんとかスコアアップもできるんだけど、500点オーバーになるとなると、ちょっと付け焼刃では無理ですね。英語の総合力的な感じも必要ですけど、それ以上に「問題を解くスピード」も求められます。

そこでTOEICで500点以上を目指す方へ。「絶対に後悔しない!TOEIC500点オーバーの方法」とは・・・

こちらになります。

【解決法】

問題を解かずに問題が解けそうかを判断する。

問題が解けそうになかったらいさぎよくあきらめる。

あきらめて次の問題へいく。

最後の問題までいったら、あきらめた問題を解く。

TOEICで500点取れない人は、1つ傾向がある。全問解けずにタイムオーバーになる人が多いんです。実は英語力不足が問題ではないんですね。

TOEICは1問当たりの点数はすべて同じ配点です。だから、たかが時間切れというのはとても損なんですよね。スピードが遅ければ、500点に届かなくて当然なんです。

先ほど言ったように、TOEIC500点には英語の総合力もいるんだけど、それ以上にまずタイムオーバーにならないことをかんがえよう。こっちのほうが英語力よりも大事ですね、500点オーバーするには。

じゃあタイムオーバーを防ぐにはどうすればよいか。

「あきらめて」ください。

あきらめるといっても試験をやめるわけではないよ(笑)。「わからないと思ったら、その瞬間から次の問題に進みなさい」という意味です。

わからない問題はさっさと見切りをつけるということ。だらだらその問題にとらわれずにあきらめたほうがいい。TOEICで500点越えられる人は、これができているんです。あきらめ続ければ最後の問題までたどりつけますからね。タイムオーバーになることだけは避けられる。

ところで世間には、「あきらめたら試合終了だよ」という名言があります。「スラムダンク」というバスケットボール漫画の一コマです。知ってる人は知ってるよね。毎度毎度マンガネタですみませんが。

で、この「あきらめたら試合終了だよ」という言葉、マンガではいい話なんですが、TOEICの場合はちょっと違う。TOEICは「問題を解いて無理そうなら、そうそうにあきらめる」のが正解。あきらめたら、TOEICで500点オーバーがみえてくる。

もちろん試験自体をあきらめるわけじゃないんですけど(笑)、1つの問題には固執せずにどんどんあきらめて次へいくことです。そのために、あきらめるには、1問当たりの解く時間を制限すればいい。僕はそうやってTOEICのスコアを稼いでいました。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは