六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

超一流の学び方 - 英語がもっと話せて聞けるようになる亀仙人の教え

girl-812482_640.jpg

 

 

六単塾の祐樹です、どうもですー。

 

 

さてさて、今日は「超一流の学び方 - 英語がもっと話せて聞けるようになる亀仙人の教え」というのをお教えします。今日はものすごく素晴らしい話ということもあって、ちょっと長いです。

 

 

あなたは「亀仙人」という方をご存じですか?・・・知らない?

 

 

では鳥山明先生の有名なマンガ「ドラゴンボール」はご存じですか?国民的なマンガですからたぶん、ご存じですよね。このマンガに出てくる、亀仙人というすごい人がいましてね。亀仙人といえば、主人公孫悟空が最初に弟子入りした人なんですけど。

 

 

で、この亀仙人の教え、「亀仙流」がとっても独特なんです。

 

 

実は僕は「亀仙流」が大好きでしてね。英語でも仕事でも「亀仙流」を応用してバンバンやっているんです。「亀仙流」をつかえば、体感的には1.5倍は英語が話せて、聞けるようになったと思う。そこであなたにも「亀仙流」で英語学習をやってもらいたいなぁと思います。パワーアップできること、まぁ間違いなしですのでね。

 

 

そこで「亀仙流」で英語をもっと話せて聞けるようになるにはどうするか。

 

 

こちらの方法になります。

 

 

 

【解決法】

よく動き、

よく学び、

よく遊び、

よく食べて、

よく休む。

 

 

このように亀仙人は、「強くなるには、ただ武術を鍛えればいいわけではない」と弟子に教えています。

 

 

「よく動き、よく学び、よく遊び、よく食べて、よく休む。」この5つの項目について、「よく」とって、かつバランスをとる。これが亀仙人の教え「亀仙流」なんですね。これ、結構これは深い話だと思うんですよ。

 

 

まず1番目と2番目。「よく動き、よく学ぶ」。ご存じだと思いますが、よく動いた後に学ぶほうが、学びの効率は抜群にいい。運動した後のほうが脳の動きも活発になるってね。これはたくさんのお医者さんや学者さんが過去に何度も言っていることですよね。だから「よく動き、よく学ぶ」というのは生理的に正解なのです。

 

 

次に2番目と3番目。「よく学び、よく遊ぶ」。「学んだ後に遊ぶ」のはとても理にかなっています。学ぶということはストレスですから、ストレス解消で遊ぶのはいい。というか、これ、馬ニンジン作戦でもありますね。「遊ぶこと」というニンジンをぶら下げることで、学習する気になるでしょ?だから、学ぶ後に遊びを置くことは戦略的に正解なのです。

 

 

次に3番目と4番目。「よく遊び、よく食べる。」遊ぶことと、食べることを分けていることがまた秀逸です。たっぷり動いて、学んで、遊んだあとは、エネルギーが足りません。そこでたっぷり食べることで栄養を補う。このタイミングで食べるのが最高ですよね。

 

 

そして4番目と5番目。「よく食べて、よく休む。」エネルギー補給した後は、よく休む。エネルギーを消化して体に蓄えるために、最後にしっかり休む。しっかり休むからエネルギーを消化できて、記憶の維持率も高くなる。残ったストレスも解消しますしね。そしてたっぷり休むからこそ、1番目の「よく動く」に戻れるわけです。休むのが少ないと、よく動くことができません。

 

 

亀仙人、すごいなぁと思います。鳥山明先生、すごいなぁと思います。

 

 

よく動き、

よく学び、

よく遊び、

よく食べて、

よく休む。

 

 

この順番を守ることでポジティブな活動ができるようになっているのです。少なくとも理論上はそうなりますね。実際やってみると、すごいことがよくわかりますよ。

 

 

われわれの人生は、どうしても偏りがちです。仕事に偏ったり、子育てに偏ったり、勉強に偏ったり、遊びに偏ったりしている。でも偏っているというのは、バランスが取れていない証拠。バランスが取れてないと、英語学習もうまくいきません。

 

 

ちなみに僕はこの「亀仙流」を実際に今もやっているんです。以前は、仕事し過ぎて1日が終わると、なんか人生を損している気があった。けれど、いまは仕事がすごく楽しくなった。1日24時間が充実している。よく動けて、よく学べて、よく遊べて、よく食べれて、よく休める。それが最高の人生の過ごし方だと僕は日々体感しているんです。

 

 

僕の場合は、よく動く=1時間の散歩。これを欠かさなくなりました。散歩するとすごく毎日が充実するように感じているんですね。また、その後の学習にも大きく影響しました。明らかに頭が動いている。だから通勤されてる方もされてない方も、1時間散歩するといいと思います。なに、30分間だけ一本道を進めばいいんですよ。帰って来れば往復1時間になります(笑)。

 

 

そして僕は散歩中にiPhoneでビジネス本を聞いている(音声にして聞いているんです)。これで「よく学ぶ」も同時に達成です。皆さんの場合は、英語を聞くときにしてもいいですね。聞き流しは微妙だけど、ちゃんと聞けばものになると思う。

 

 

あとは、散歩した後は、しっかり遊ぶ。毎日遊ぶことをちゃんと計画たてるんですね。遊ぶことを計画するのは楽しいよ。勉強計画は楽しくないけど遊ぶことを計画するのは楽しい(笑)。後で遊ぶことをちゃんと計画していれば、よく動き、よく学ぶ気になれます。

 

 

よく動き、よく学び、よく遊んだら、よく食べます。僕はお米をしっかり食べてますね。カロリー低くておなかに溜まるのでしっかり食べています。ちなみに、よく散歩して、よくお米を食べることをしたら25日で5キロ痩せました。ダイエットにもなるんですよ、いいでしょ?おかねなんかかけずにダイエットはできるんですな。

 

 

最後に、しっかり休む。寝る前にいろいろと僕はやってますけど、なんだかんだいって好きなだけ寝ています。どんなに忙しくてもきっちり休むことで明日が楽しみになるのでね。

 

 

繰り返しになりますが、僕はこの「亀仙流」をつかって体感的には1.5倍は英語が話せて、聞けるようになったと確信しています。仕事も人生もすごく楽しめるようになった。

 

 

英語学習をする方は、この「亀仙流」で1日過ごしてみてください。よく動き、よく学び、よく遊び、よく食べて、よく休む。この5つを1日間でバランスよくやるのです。ならば仙人の教えを守った悟空のように強くなれるかもしれません。僕はもちろん強くなれると思ってます。英語がもっと話せて聞けて読めるようにパワーアップすると思っています。

 

 

この話の続き(裏話)はメールで限定公開しています。非常に重要なことを書いていますので、続きが気になる人はメールアドレスを登録してください。メールでお教えします。もちろん無料です!


メールアドレス入力