六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

英会話が美味くて上手くなる!海外のサブウェイのススメ

girls-1020762_640.jpg

 

 

六単塾の祐樹です、こんちは。今日は「英会話が美味くて上手くなる!海外のサブウェイのススメ」という話をしますですー。

 

あなたはサブウェイ(SUBWAY)をご存じですか? 地下鉄じゃないよ。サンドイッチのお店です。サブウェイは日本にも多数出店している人気ファストフードです。ヘルシーなので、日本人にも人気。僕もだいすきです。

 

 

で、僕は海外、アメリカにいた頃に、サブウェイに通って英会話をうまくしたことがあるんですよ。ですので、あなたが海外に行く機会があれば、ぜひサブウェイに通うことをお勧めします。

 

 

サブウェイで英会話するといいことがあって、英会話がうまくなる。大きなステップになるよ。大きな前進になるんです。しかも僕のやり方は、初心者でもできるやさしい方法ですからね、老若男女だれでもできる。

 

 

では、サブウェイで英会話って、どうやればいいんだろう?

 

 

いい方法、お教えしましょう。

 

 

 

【解決法】

5種類のパンの名前をおぼえておく。

white / wheat / honey oat / Italian herbs and cheese / roasted garlic / flat bread

4種類のチーズの名前をおぼえておく。

cheddar cheese / old English / cheese / Swiss cheese

10種類の野菜の名前をおぼえておく。

lettuce / tomatoes / cucumbers /green peppers / red onions / carrot / pickles / olives / jalapenos / spinach

 

 

 

サブウェイは店員と会話して決めていくスタイルのお店なんです。「パンの種類」「トッピング種類」「ドレッシング」などね。

 

 

つまり、「注文時にたくさん英会話ができる。

 

 

しかもその注文の英会話はパターンだから、ぜんぜんむずかしくない。英会話初心者でも堂々と英会話ができる場所なのです。

 

 

で、その英会話自体も簡単なんです。とりあえず「パン」「チーズ」「野菜」の種類を英単語でいえるようになっていればいい。こんな英単語でも日本人にとってはかなり戸惑うものですが、できると嬉しいよ。まず自信がつく。

 

 

しかもサブウェイって、なんか店員と雑談しやすい空気があるんですよね。ほかのファストフード店に比べて「ゆるい」気がする。

 

 

アメリカの場合しか知らないですけどね。実際、僕はいきつけのサブウェイで店員さんとかなり雑談してました。いつも行くから店長とも友達になっちゃって、立ち食いしながらずっとくだらない話してました(笑)。まぁ、客とお店との関係だから深い関係にはならないんだけども、そこがいいんだな。

 

 

そういうわけで英会話はサブウェイでまず小さいステップを踏みましょう、というのが僕のお勧めですね。初心者でもできるやさしい方法ですから。小さい成功例をたくさんつくれば、大きな成功例に育ちます。

 

 

僕はアメリカでサブウェイに通って英会話に自信が持てました。だって何度でも失敗できるしね(笑)。そういう何度も失敗ができる環境、だいじなんですよ。

 

 

この話の続き(裏話)はメールで限定公開しています。非常に重要なことを書いていますので、続きが気になる人はメールアドレスを登録してください。メールでお教えします。もちろん無料です!


メールアドレス入力