六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「どうも。」の使い方、英語表現

11.jpg

日本語のどうも。の英語表現は、いろいろあります。例えば、(どうも。)とシンプルに英語で言いたい場合は、Sureと表現できます。

(どうもご丁寧に。)の場合は、英語でHow polite of you.と表現できます。例えば、質問された内容良く解らないことがあったとします。(どうもわからないね。)は英語で、I am sure I don’t know.です。

少し別の表現になりますが、雨ばかり降るという場合、How it rains!(どうも良く降るね!)と表現できます。 

次に、覚えておくと役立つ英文をご紹介します。(考えたけど、どうもお受けしかねます。)英語でI decline to accept. あなたが、出来ないことを安易にOKと伝えることは注意しましょう。後で悩むことになってしまいます。

あれっ?どうもいつもと何かが違うな。と感じた場合の英語表現は、(どうもいつもと様子が違う。)は、It somehow looks different from usual.表現できます。

日本語の(どうも。)は、いろいろな英語表現がありますね。ぜひ、覚えて英会話の幅を広げてくださいね。使える英短文を沢山覚えることが英会話上達への道です。

【例文を読む】

She's been acting kind of strange

どうも彼女の様子がおかしい。

It would seem that something is wrong with the radio

どうもラジオの調子がおかしいようだ。


なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。